*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

子犬の初日

   

IMG_5777

 

子犬は新しい環境に慣れるまで、体調不良になったりストレスを抱えることが多いです。

迎い入れた初日は、どのように過ごすのが子犬にとって望ましいのでしょうか。

 

サークルから出さない

子犬を家に連れて帰ったら、準備しておいたサークルの中にすぐに入れてあげましょう。

人間と同じように犬も初めての環境は緊張するものです。

特に初日はとても疲れているので、サークルの中でゆっくり休ませてあげましょう。

 

しかし、子犬が出たがって鳴くことがあります。(うちはそうでした・・・。)

飼い主のほうも子犬がかわいいので「抱っこしたい」「遊んであげたい」という気持ちになりますが、ここは子犬のために我慢です。

体調を崩さないために、そっと見守ってあげましょう。

 

子犬を家に迎える時期は、おおよそ生後2~3か月の頃だと思いますが、その頃は1日17時間~20時間の睡眠をとります。

しかし、うちの子犬の場合は緊張のせいかほとんど寝ず、最初の5日間くらいは夜鳴きも多かったです。

鳴いていると構いたくなってしまいますが、それは絶対にいけません。

鳴いているときにサークルの近くにいったり抱っこしたりしてしまうと「鳴けば構ってくれるんだ」と子犬が勘違いしてしまうからです。

このような間違った知識を覚えさせてしまうと、「家で一番えらいのは僕(私)だ!」と子犬は思いかねません。

 

きちんとした成犬になってもらうためにも、鳴いたらシカトしましょう。

あまりにもひどい場合は、飼い主が少しの間外出してしまうと効果的です。

また、なかなか寝てくれな場合は、サークルを毛布やバスタオルなどで囲ってあげると落ち着きます。(クレイトのほうが狭いので子犬も落ち着くでしょう)

 

1週間はサークルの中で過ごさせる

子犬は新しい環境に身をおくと、一時的に免疫力が低下します。

その為、1週間ほどはサークルの中でゆっくり過ごさせてあげましょう。

ごはんを食べるのもトイレをするのもサークルの中だと覚えさせることができるので、良いしつけにも繋がります。

 

最初の1週間は新しい環境に慣れていないので、ごはんをあげるときも「オスワリ」などと言わずにそっとあげましょう。

我が家は、5日目あたりから「オスワリ」の練習をスタートしました。

トイレもトイレトレーに排泄した瞬間を見たときだけ「いい子!」とほめ、速やかに交換してあげましょう。

排泄した瞬間を見ていないときにほめてしまうと、タイムラグがあるので子犬は何でほめられたのか分かりません。

 

1週間経ったら、徐々にサークルから出す機会を増やしていきましょう。

ですが、1回に10分以内としてください。また、1回遊んだら2時間は休憩が必要です。

 

子犬といっぱい遊びたいですが、新しい環境に慣れるまでは体を休ませてあげましょう。

最初は、家や家族に慣れてもらうことが大事です。

 

 - 子犬を迎える日

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

他の動物と同居するときは

家に、子犬より先に住んでいる犬や他の動物がいる場合は注意をして、共同生活がうまく …

ペットショップやブリーダーに確認しておくこと

子犬を迎える日、わくわくしますよね♪ しかし、嬉しさと同時に「子犬の命を預かる」 …