*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

ペットショップやブリーダーに確認しておくこと

      2018/08/07

paw

子犬を迎える日、わくわくしますよね♪

しかし、嬉しさと同時に「子犬の命を預かる」という責任も生まれます。

特に初めて犬を飼われる方は分からないことばかりだと思いますので、ブリーダーやペットショップに健康状態や飼い方などを詳しく聞いておきましょう。

 

健康チェック

子犬を家に連れて帰る前に、健康状態をチェックしましょう。

チェックするときのポイントは以下の通りです。

 

●耳の中が変な匂いがして汚れていないか

●目が目やになどで汚れていないか

●鼻は適度に湿っているか

●口は口臭がなくて汚れていないか

●お尻は汚れていないか

●体は引き締まっているか

●被毛は汚れていないか

 

ペットショップなどで購入した場合は、便検査・駆虫を済ませてくれていますが個体差によって100%完璧な駆除ができない場合もあるそうです。

また、環境が変わることで下痢や嘔吐をしてしまうこともあります。

うちの子犬は家に来てから1週間ほど下痢が続いていたので、動物病院に行って飲み薬を処方してもらいました。

家に迎えた初日は、ごはんを残したり軟便だったりするようですが、それが何日も続くようであれば動物病院で診察を受けたほうがよいでしょう。

 

家に連れて帰る前に聞いておくこと

子犬を迎い入れる前に世話をしてくれていたブリーダーやペットショップに、最低限以下のことは聞いておきましょう。

 

●血統書が手元に届く時期

●今まで受けた予防接種と次に予防接種を受ける時期

(もし、1度ワクチンを接種している場合は証明書があります。この証明書は動物病院で次のワクチンを接種するときに必要なので必ずもらいましょう。)

●1日の排尿、排便の回数

●ごはんの時間帯

●食べているごはんの種類と量

 

この他にも、食事面での細かい注意点やトイレトレーニングのこと、グルーミングの仕方など分からないことや不安に感じていることはできる限り聞いておきましょう。

私が子犬を購入したペットショップの方はとても親切で、家に連れて帰ったあとも電話で相談に乗ってくれたりします。

爪切りなども初めてだとコワイですよね。

一回、ブリーダーさんやペットショップの人がいるところでサポートを受けながら練習するのもアリだと思います。

 

初めて犬を飼う場合は戸惑うことが多いと思いますが、一番大変な時期は生まれてから最初の1年間だとよく聞きます。

ここを乗り越えて1年後に従順な成犬に育つよう、分からないことはネットや本などで調べたりプロに相談しながら頑張りましょう♪

 

 - 子犬を迎える日

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

他の動物と同居するときは

家に、子犬より先に住んでいる犬や他の動物がいる場合は注意をして、共同生活がうまく …

子犬の初日

  子犬は新しい環境に慣れるまで、体調不良になったりストレスを抱えるこ …