*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

叱られたこと理解しているの?~犬が叱られたときに出すサイン~

      2018/08/07

yawn

 

“「叱る」と「怒る」は違う”の記事で書かせて頂きましたが、感情的に怒鳴ったり体罰を与える行為は「叱る」とは言えません。

叱るときは、ドスの効いた低い声で「ダメ」「イケナイ」などと伝えるようにしましょう。

叱り方が曖昧だと、叱られていることに気づかなかったり、飼い主さんが遊んでくれていると勘違いしてしまう犬もいます。

ただ、叱りすぎても委縮させてしまったり、逆上してしまったり・・・良い結果にならない場合があるでしょう。

ここでは、犬が叱られたときに出すサインや性格別の効果的な叱り方について紹介します。

叱るときの参考にして頂ければと思います。

 

叱られたことを理解しているときに出すサイン

叱った後、犬が次のようなサインを出していたら、一般的には叱られたことを理解していると言われています。

これらのサインを出していたら、それ以上叱るのはやめましょう。

 

動きが止まる
お腹を出す
姿勢を低くする
耳が下がる
あくびをする
鼻を舐める

 

性格別の効果的な叱り方

●リーダー気質で気が強い

口のまわりを握って左右に軽く振ります。
この方法は、気の強い犬にのみ効果的です。
叩くなどの体罰はダメですが、ここぞというときだけは飼い主さんがリーダーだということをこの方法で示すようにしましょう。

 

●神経質、シャイ

神経質だったり、シャイな犬には「イケナイ」と低い声で叱るようにしましょう。

この性格の犬にそれ以上してしまうと、委縮してしまう恐れがあるので要注意です。

 

●元気で落ち着きがない

このタイプの犬には、“声”ではなく“目”で叱るのが効果的です。

犬と目を合わせて、“目”で「イケナイ」を伝えてみましょう。

 

あなたの愛犬はどのタイプでしょうか?

また、性格に関係なく、多くの犬に共通して効果的なのが“天罰”を使って叱ることです。

空き缶に小銭や小石を入れて大きな音の出るものを作ります。

それを犬が悪い行動をした直後に、犬の近くに投げます。(犬には当てないで!)

このとき、飼い主が投げたことに気がつくと効果がないので、バレないように♪

 

 - しつけ, 犬の行動

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

拾い食い防止のトレーニング

家の中でも、お散歩中でも落ちているものがあれば何でも口に入れてしまう拾い食いのク …

愛犬との関わり方

  しつけをする上で、最も重要なのが飼い主と犬の信頼関係です。 ただ、 …

要求吠えをしない犬に育てる方法

犬の要求吠えは、成犬になってから改善しようとしてもそう簡単にいくものではありませ …

食事のしつけ

食事タイムのしつけはトイレのしつけと同様、パピーのうちから始めましょう。 ここで …

しつけの悩み№1「吠える」

柴犬の飼い主が最もしつけで苦労しているのは、「吠える」ことです。 ご近所に迷惑を …

犬の性格は育て方で変えられる

犬種には、それぞれ特性があります。 柴犬は日本犬では最も人気が高く、近年では海外 …

ご飯の時間が近くなると「オスワリ」をする犬・・・それは要求行動のひとつ?

ご飯の時間やお散歩の時間が近づいてくると、いきなり「オスワリ」をし出すことはあり …

乾燥したミミズに体をこすりつける行為について

愛犬が、道端で乾燥しているミミズに体をこすりつけている光景を見たことはないでしょ …

お散歩中、柴犬の行動をコントロールするには

特にお散歩デビューをして間もない頃は、飼い主さんを引っ張ったり、いきなり地面にへ …

犬のストレスを見極める方法

  実は、犬は人間が思っている以上にストレスを抱え込みやすい生き物です …