*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

「マテ」のトレーニング

      2018/08/07

ふせ

 

今でも思い出すと恐ろしく、愛犬に申し訳ないことをしたと反省していますが、以前、散歩中に愛犬の体からリードが外れてしまったことがありました。

しかし、とっさに「マテ」と声をかけると、すぐに愛犬は停止してくれたため無事でした。

このとき、改めて「マテのトレーニングをしておいてよかった」と心から思いました。

「マテ」は、愛犬をトラブルから守るためにも重要な指示語です。

ここでは、「マテ」のトレーニング方法について紹介したいと思います。

 

「マテ」を覚えさせるには?

「マテ」を教える前に、「オスワリ」を習得させておくとトレーニングがしやすいでしょう。

(「オスワリ」については、「オスワリ」のトレーニングを参考にして頂ければと思います。)

「オスワリ」ができるようになったら、次の順序で「マテ」のトレーニングを繰り返しましょう。

 

①「オスワリ」をさせる

②「マテ」と声をかける(手の平を見せる動作をすると、犬が動きづらいです)

③じっと動かず「マテ」ができたらご褒美を与える

 

③は、最初は短い時間でも待てたらおやつを与え、徐々に待つ時間を長くしていきましょう。それができるようになったら、愛犬から少し離れ、愛犬が動きそうになったらおやつを与えるという練習を繰り返し、どんどん飼い主さんと愛犬の距離を離していきましょう。

 

長時間「マテ」をしなければならない場合

ドッグカフェや動物病院の待合室など、ときには長時間「マテ」をしていなければならないときがあります。

そんなときは、犬が一番楽な「フセ」の状態で待たせると負担が少ないでしょう。

「フセ」をしながらの「マテ」も練習しておきましょう♪

 

①おやつを握った手を鼻先に近づけオスワリをさせる

②オスワリができたら、おやつを握った手をゆっくりと地面に向かって下げていく

③②を行うと犬はおやつを目で追ってお腹を地面につけるので、そのタイミングで「フセ」と声をかけ、ご褒美のおやつを与える

④③の状態で「マテ」と声をかけ、起き上がらずにいられたらご褒美のおやつを与える

(「マテ」の時間は徐々に長くしていきましょう)

 

 - お出かけ, しつけ

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

散歩中、犬に引っ張らせない方法

  散歩は、犬が一日の中で最も楽しみにしている時間でしょう。 特に室内 …

社会化のしつけ

家の中でのトレーニングができるようになったら、次は外の環境に慣れさせます。 人に …

犬を飛行機に乗せるときに知っておきたいこと

犬を連れての旅行や、仕事上(転勤に伴う引越しなど)の理由で、愛犬が飛行機を利用す …

ご飯を食べない柴犬・・・どうしたら食べてくれるようになる?

我が家の柴犬は相当な食いしん坊ですが、柴ちゃんのなかにはご飯に興味がなかったり、 …

食事のしつけ

食事タイムのしつけはトイレのしつけと同様、パピーのうちから始めましょう。 ここで …

おもちゃ遊び

おもちゃ遊びは、犬と飼い主の信頼関係を深めたり、しつけや犬のストレス発散などに効 …

犬の本能を知って、しつけに役立てる

犬には元来持っている本能があります。 その本能を知っておくと、しつけをする際に役 …

「叱る」と「怒る」は違う

「叱る」と「怒る」は一見同じことのように思えますが、だいぶ違います。 犬が思うよ …

ドッグランでのルール

柴犬は活発な子が多く、外遊びも大好きです。 ただ、ドッグランで遊ぶときは安全のた …

犬と良好な関係を築くためのポイント4つ

犬にとって、飼い主がどのような存在であれば良好な関係を築いていけるのでしょうか。 …