*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

「オイデ」のトレーニング

      2018/08/07

ドッグランのはしご

「オイデ」のトレーニングは、愛犬をトラブルから守るために欠かせない指示です。

例えば、ドッグランで愛犬が走っているときに他の犬に飛びついてしまった場合、「オイデ」のトレーニングができていれば危険を避けることができます。

厳しいようですが、「オイデ」が確実にできない場合は、他の犬や飼い主さんにも迷惑がかかってしまうので、ドッグランに連れて行くのはやめましょう。

愛犬に楽しく安全に遊んでもらうためにも、「オイデ」をしっかりできるようにすることが大切です。

ここでは、「オイデ」のトレーニング方法について紹介したいと思います。

 

どうやって「オイデ」を教えればいい?

「オイデ」をできるようにするためには、“飼い主さんのところへ近づけば良いことがある”と犬が認識する必要があります。

そこでトレーニングの必需品となるのが、愛犬がお気に入りの“おやつ”や“おもちゃ”です。

とっておきの“おやつ”や“おもちゃ”を使って、次の手順でトレーニングしましょう♪

 

①愛犬と少し距離をおいた場所にしゃがむ

②おやつorおもちゃを手に握って愛犬のほうに差し出す

③愛犬が飼い主さんに近づいてきたら、「オイデ」と声をかける

④飼い主さんの手に鼻などをつけてきたら、おやつorおもちゃを与える

 

慣れてきたら広い場所でも練習を

前項の手順で「オイデ」のトレーニングを繰り返し、できるようになったら、次はもう少し広い場所で練習してみましょう。

広い場所でも「オイデ」ができるようになれば、ドッグランに連れて行っても安心して遊ばせることができるでしょう。

 

しかし、広いドッグラン内では、飼い主さんの「オイデ」という声が愛犬に届かなかったり、おやつやおもちゃを差し出す手が遠すぎて見えない可能性があります。

そのため、広いドッグランで「オイデ」を分かりやすく伝えるために、「オイデ=飼い主さんがしゃがむ」というトレーニングをしておくとよいでしょう。

近くにきたら、必ずご褒美を与えましょう

 

我が家の柴犬は、私がしゃがむと必ずお気に入りのおもちゃを口にくわえて持ってきます。

「私がしゃがむ=構ってもらえる」と認識しているようです。

「オイデ」と声をかけなくても、しゃがむだけで近づいてくるので何かと便利ですよ♪

ぜひ、楽しくトレーニングしてみてください☆

 

 - しつけ, ドッグラン

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

ドッグランで楽しく遊ぶために~最低限のマナー~

  リードなしで走り回れるドッグランは、多くの犬が楽しく遊べる場所です …

犬は家族関係を見ている~食事を与えてくれる人がボスとは限らない~

よく、「食事を与えたり、散歩に連れて行ってるのは私なのに、うちの犬は主人の言うこ …

年齢別の世話&しつけ

犬の成長は本当に早いです。 家族に迎い入れた大切な柴犬がシニア犬まで元気に過ごせ …

社会化のしつけ

家の中でのトレーニングができるようになったら、次は外の環境に慣れさせます。 人に …

柴犬と遊ぶときのルール

愛犬と遊ぶときは、しつけも兼ねて楽しく遊びましょう。 また、安全に遊ぶためにもル …

「オスワリ」のトレーニング

  ご飯を食べる前や来客があるときなど、「オスワリ」は犬を落ち着かせる …

ドライブ好きな柴犬に育てるには~ドライブ嫌いになる理由と克服方法~

愛犬を連れてお出かけするときに必ずと言っていいほど使うのが、自動車です。 しかし …

柴犬を飽きさせないおもちゃ選び&遊び方

愛犬と遊ぶときに欠かせないのがおもちゃですよね。 柴犬の多くはおもちゃが大好きで …

犬が食糞・食尿をしたときは

  愛犬の食糞・食尿問題に悩んでいる飼い主さんは少なくないのではないで …

飛びつきぐせのトレーニング

飼い主さんが立っているとき、犬が飼い主さんの足にジャンプして飛びついてくることは …