*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

「オイデ」のトレーニング

      2018/08/07

ドッグランのはしご

「オイデ」のトレーニングは、愛犬をトラブルから守るために欠かせない指示です。

例えば、ドッグランで愛犬が走っているときに他の犬に飛びついてしまった場合、「オイデ」のトレーニングができていれば危険を避けることができます。

厳しいようですが、「オイデ」が確実にできない場合は、他の犬や飼い主さんにも迷惑がかかってしまうので、ドッグランに連れて行くのはやめましょう。

愛犬に楽しく安全に遊んでもらうためにも、「オイデ」をしっかりできるようにすることが大切です。

ここでは、「オイデ」のトレーニング方法について紹介したいと思います。

 

どうやって「オイデ」を教えればいい?

「オイデ」をできるようにするためには、“飼い主さんのところへ近づけば良いことがある”と犬が認識する必要があります。

そこでトレーニングの必需品となるのが、愛犬がお気に入りの“おやつ”や“おもちゃ”です。

とっておきの“おやつ”や“おもちゃ”を使って、次の手順でトレーニングしましょう♪

 

①愛犬と少し距離をおいた場所にしゃがむ

②おやつorおもちゃを手に握って愛犬のほうに差し出す

③愛犬が飼い主さんに近づいてきたら、「オイデ」と声をかける

④飼い主さんの手に鼻などをつけてきたら、おやつorおもちゃを与える

 

慣れてきたら広い場所でも練習を

前項の手順で「オイデ」のトレーニングを繰り返し、できるようになったら、次はもう少し広い場所で練習してみましょう。

広い場所でも「オイデ」ができるようになれば、ドッグランに連れて行っても安心して遊ばせることができるでしょう。

 

しかし、広いドッグラン内では、飼い主さんの「オイデ」という声が愛犬に届かなかったり、おやつやおもちゃを差し出す手が遠すぎて見えない可能性があります。

そのため、広いドッグランで「オイデ」を分かりやすく伝えるために、「オイデ=飼い主さんがしゃがむ」というトレーニングをしておくとよいでしょう。

近くにきたら、必ずご褒美を与えましょう

 

我が家の柴犬は、私がしゃがむと必ずお気に入りのおもちゃを口にくわえて持ってきます。

「私がしゃがむ=構ってもらえる」と認識しているようです。

「オイデ」と声をかけなくても、しゃがむだけで近づいてくるので何かと便利ですよ♪

ぜひ、楽しくトレーニングしてみてください☆

 

 - しつけ, ドッグラン

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

犬を飛行機に乗せるときに知っておきたいこと

犬を連れての旅行や、仕事上(転勤に伴う引越しなど)の理由で、愛犬が飛行機を利用す …

ドッグランでのルール

柴犬は活発な子が多く、外遊びも大好きです。 ただ、ドッグランで遊ぶときは安全のた …

トイレトレーニング

  トイレトレーニングには様々な方法があると思いますが、ここでは我が家 …

しつけの悩み№1「吠える」

柴犬の飼い主が最もしつけで苦労しているのは、「吠える」ことです。 ご近所に迷惑を …

「マテ」のトレーニング

  今でも思い出すと恐ろしく、愛犬に申し訳ないことをしたと反省していま …

柴犬と一緒にドッグカフェやショップに行くときの注意点

  最近、犬と一緒に楽しめるドッグカフェやショップが増えてきました。 …

社会化のしつけ

家の中でのトレーニングができるようになったら、次は外の環境に慣れさせます。 人に …

飛びつきぐせのトレーニング

飼い主さんが立っているとき、犬が飼い主さんの足にジャンプして飛びついてくることは …

においをかぐ行為

犬は、家の中でも外でもクンクンと地面のにおいをかぎまわる行動をしますよね。 あれ …

拾い食い防止のトレーニング

家の中でも、お散歩中でも落ちているものがあれば何でも口に入れてしまう拾い食いのク …