*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

「オイデ」のトレーニング

      2018/08/07

ドッグランのはしご

「オイデ」のトレーニングは、愛犬をトラブルから守るために欠かせない指示です。

例えば、ドッグランで愛犬が走っているときに他の犬に飛びついてしまった場合、「オイデ」のトレーニングができていれば危険を避けることができます。

厳しいようですが、「オイデ」が確実にできない場合は、他の犬や飼い主さんにも迷惑がかかってしまうので、ドッグランに連れて行くのはやめましょう。

愛犬に楽しく安全に遊んでもらうためにも、「オイデ」をしっかりできるようにすることが大切です。

ここでは、「オイデ」のトレーニング方法について紹介したいと思います。

 

どうやって「オイデ」を教えればいい?

「オイデ」をできるようにするためには、“飼い主さんのところへ近づけば良いことがある”と犬が認識する必要があります。

そこでトレーニングの必需品となるのが、愛犬がお気に入りの“おやつ”や“おもちゃ”です。

とっておきの“おやつ”や“おもちゃ”を使って、次の手順でトレーニングしましょう♪

 

①愛犬と少し距離をおいた場所にしゃがむ

②おやつorおもちゃを手に握って愛犬のほうに差し出す

③愛犬が飼い主さんに近づいてきたら、「オイデ」と声をかける

④飼い主さんの手に鼻などをつけてきたら、おやつorおもちゃを与える

 

慣れてきたら広い場所でも練習を

前項の手順で「オイデ」のトレーニングを繰り返し、できるようになったら、次はもう少し広い場所で練習してみましょう。

広い場所でも「オイデ」ができるようになれば、ドッグランに連れて行っても安心して遊ばせることができるでしょう。

 

しかし、広いドッグラン内では、飼い主さんの「オイデ」という声が愛犬に届かなかったり、おやつやおもちゃを差し出す手が遠すぎて見えない可能性があります。

そのため、広いドッグランで「オイデ」を分かりやすく伝えるために、「オイデ=飼い主さんがしゃがむ」というトレーニングをしておくとよいでしょう。

近くにきたら、必ずご褒美を与えましょう

 

我が家の柴犬は、私がしゃがむと必ずお気に入りのおもちゃを口にくわえて持ってきます。

「私がしゃがむ=構ってもらえる」と認識しているようです。

「オイデ」と声をかけなくても、しゃがむだけで近づいてくるので何かと便利ですよ♪

ぜひ、楽しくトレーニングしてみてください☆

 

 - しつけ, ドッグラン

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

指示語トレーニング

  「オスワリ」「マテ」「フセ」などと飼い主さんが言ったら、その通りに …

柴犬は人見知り・犬見知り?!

他の犬種でも人見知り・犬見知りな子はいますが、柴犬は飼い主に忠実で他人とは距離を …

愛犬に触れようとすると噛まれてしまう、その原因とは・・・

犬は、むやみに噛む動物ではありません。 その為、飼い主さんのことを噛んでくるとい …

叱られたこと理解しているの?~犬が叱られたときに出すサイン~

  “「叱る」と「怒る」は違う”の記事で書かせて頂きましたが、感情的に …

子犬の社会化は、いつから始めたらいい?

生まれて2か月、3か月の子犬の周りには“初めて”があふれています。 初めてのこと …

「叱る」と「怒る」は違う

「叱る」と「怒る」は一見同じことのように思えますが、だいぶ違います。 犬が思うよ …

柴犬はドッグランで嫌がられる?

  「柴犬はドッグランで嫌がられることがある・・・」という話をよく耳に …

愛犬のボディランゲージを読み取ることができれば、しつけ上手な飼い主になれる?

私たち人間は犬の言葉を理解することはできませんが、当然のことながら犬も人間のよう …

愛犬にぴったりなハウスとは?

≪ 目次 ≫1 そもそもハウスってどこ?2 クレートが必要な理由3 適当なクレー …

ご飯の時間が近くなると「オスワリ」をする犬・・・それは要求行動のひとつ?

ご飯の時間やお散歩の時間が近づいてくると、いきなり「オスワリ」をし出すことはあり …