*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

犬を飛行機に乗せるときに知っておきたいこと

      2018/08/07

飛行機

犬を連れての旅行や、仕事上(転勤に伴う引越しなど)の理由で、愛犬が飛行機を利用することがあるでしょう。

もちろん、犬を飛行機に搭乗させることは可能です。

ただ、リスクがゼロだとは言えないので、犬は機内でどのように過ごすのかを知り、それに備えて事前に訓練をしておく必要があるでしょう。

 

犬が過ごす機内の様子

アメリカでは、飼い主さんの席に犬が一緒に乗れる航空会社もあるそうですが、日本の航空会社では現在できません。

その為、日本の航空会社を利用する場合、犬は貨物室に乗せられることになります。これは、国内線・国際線共にです。

 

貨物室はどのようになっているのかと言うと、気圧は飼い主さんが乗る客室と変わりなく、気温も貨物室内ではエアーが常に循環しているので低くなっても10度前後を保つようになっているそうです。

また、貨物室の電気は、離陸するときに消えて真っ暗になります。

 

貨物室と聞くと、荷物と一緒?と思いますよね。

しかし、犬たちペットが過ごすのは、一般的な荷物とは別の貨物スペースになるそうです。

犬は、クレートに入った状態で貨物室で過ごすことになりますが、クレートは積み上げられることなく、床に直接固定されます。

 

事前に準備しておきたいこと

飛行機に関わらず、長時間移動することは人間でも疲れますよね。

ということは、移動に慣れていない犬はそれ以上に疲れ、ストレスを抱えることになります。

 

犬が機内で少しでもストレスを和らげられるよう、普段から次のようなことを練習しておきましょう。

 

①クレートで長時間過ごせるようにしておく

機内では、クレートで過ごさなければなりません。

普段から、“クレートは安心できる(良いことが起きる)場所”というしつけをしておきましょう。

 

②大きな音に慣れさせておく

機内や飛行場では、大きな音がします。

慣れていないと、かなりのストレスを抱えることになってしまいます。

 

 

この他にも、機内でのストレスを軽減するために、使い慣れているクレートを使用したり、愛用しているタオルなどを準備してあげると良いでしょう。

 

搭乗できない時期がある犬種

柴犬は大丈夫ですが、パグやブルドックなどの短頭犬種は、健康上の問題で搭乗できない時期(毎年6月1日~9月30日)があります。

 

搭乗できない時期がある短頭犬種は次のとおりです。

ブルドッグ(ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ)
シーズー
テリア(ボストン・テリア、ブル・テリア)
ボクサー
スパニエル(キングチャールズ・スパニエル、チベタン・スパニエル)
ブリュッセル・グリフォン
チャウチャウ
パグ
チン
ペキニーズ

 

短頭犬種が搭乗を禁止されている6月1日~9月30日の期間でなくても、暑い日は搭乗を避けたほうが安心です。

また、短頭犬種でなくても、暑い日中帯の飛行機の便は避け、夜などの涼しい時間帯を選ぶと犬の負担が軽減されるでしょう。

 

参考サイト

犬を飛行機に搭乗させる際の詳細は、搭乗方法や価格などが紹介されている航空会社のサイトをご覧ください。

ANAペットらくのりサービス

JALペットとおでかけサービス

 

 - お出かけ, しつけ, 健康管理

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

飼い主にツイテ歩く練習

たまに、犬にリードを引っ張られながら散歩をしている飼い主さんを見かけますが、散歩 …

社会化のしつけ

家の中でのトレーニングができるようになったら、次は外の環境に慣れさせます。 人に …

他の犬に吠えるのはナゼ?

お散歩中、他の犬に対して吠えてしまう子がいますが、なぜ吠えるのでしょうか? ここ …

食事のしつけ

食事タイムのしつけはトイレのしつけと同様、パピーのうちから始めましょう。 ここで …

犬のストレスを見極める方法

  実は、犬は人間が思っている以上にストレスを抱え込みやすい生き物です …

動物病院でできる予防

動物病院に行って、ワクチン接種や予防薬をお願いしましょう。 犬の健康のために、飼 …

おもちゃ遊び

おもちゃ遊びは、犬と飼い主の信頼関係を深めたり、しつけや犬のストレス発散などに効 …

愛犬との関わり方

  しつけをする上で、最も重要なのが飼い主と犬の信頼関係です。 ただ、 …

栄養バランス

愛犬には、健康で長生きしてもらいたいですよね。 そのためには、犬にとってバランス …

柴犬の換毛期

現在、換毛期真っ只中ではないでしょうか? 我が家の柴犬も5月の中旬頃から春の換毛 …