*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

拾い食い防止のトレーニング

      2018/08/07

DSC06651

家の中でも、お散歩中でも落ちているものがあれば何でも口に入れてしまう拾い食いのクセは、病気の元になることもあります。

拾い食い防止のトレーニングをして、愛犬の健康を守りましょう。

 

拾い食いは病気の元

特に好奇心旺盛な性格の子は、お散歩中に拾い食いをしてしまうことがあると思います。

拾い食いがクセになってしまうと、腐敗物や毒物までも口に入れてしまう可能性が・・・。

それでは健康を害してしまうのは当然です。

そうなる前に、拾い食い防止のトレーニングをしておきましょう。

 

トレーニング

拾い食いを防止するためには、誘惑に負けないようにすることが必要です。

まずは、自宅でトレーニングを行ってみましょう。

手順は次のとおりです。

 

誘惑物を愛犬の直線上に見えるように置く

「オイデ」と愛犬を飼い主の場所まで呼ぶ

②のときに誘惑物に行こうとしたら「イケナイ」と言って口に入れさせないようにする(リードを引っ張ってコントロールしてもOK)

②できちんと飼い主の場所まで来れたら大好物のおやつをあげる

 

自宅でこのトレーニングが成功するようになったら、外でも実践してみましょう。

 

お散歩中に飼い主が注意すること

口にものを入れさせないことが一番大切です。

お散歩中、飼い主さんは愛犬の様子をよく見て、周囲にも気を配りながら歩くようにしましょう。

 

ただ、もしも拾い食いをしてしまったときは、口の中に手を入れて吐き出させましょう。

口の中に手を入れる練習を普段からしておくことをオススメします。

 

また、拾い食いをしてしまったとき、飼い主さんは焦って「イケナイ!ダメ!」などと過剰に反応してしまうことがありませんか?

犬は飼い主さんの過剰な反応が見たくて拾い食いを繰り返してしまうので、対処するときは冷静に行いましょう。

 

 - お出かけ, しつけ, 健康管理

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

この果物は犬が食べても平気?~少量なら与えてもOKな果物編~

  我が家で飼っている柴犬は、飼い主が食事をしているテーブルの下で“お …

「オスワリ」のトレーニング

  ご飯を食べる前や来客があるときなど、「オスワリ」は犬を落ち着かせる …

ワクチンで予防できる犬の病気

ワクチンは、病原性を弱めた病原体(病原性をなくした病原体)をわざと接種して免疫を …

愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う行動の変化~

前回の記事では、“愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う体の変化~”という …

ドライブ好きな柴犬に育てるには~ドライブ嫌いになる理由と克服方法~

愛犬を連れてお出かけするときに必ずと言っていいほど使うのが、自動車です。 しかし …

犬が舌を出す理由

犬は、舌をベロンと出していることがありますよね。 今回は、犬が舌を出すのはどんな …

ドッグランでのルール

柴犬は活発な子が多く、外遊びも大好きです。 ただ、ドッグランで遊ぶときは安全のた …

インターフォンの音に吠える原因と対策

インターフォンが鳴ると吠えてしまうワンちゃんがいますよね。 ただ、吠えるのには原 …

体は異常なし!でも犬のオシッコの回数が増えたのは何故?!

  我が家の柴犬は現在2歳を過ぎましたが、1歳半頃から急に1日のオシッ …

犬が人間の子供に噛みつこうとする理由

  「人間の子供が犬に襲われる」というニュースが記憶にあるでしょうか。 …