*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

拾い食い防止のトレーニング

      2018/08/07

DSC06651

家の中でも、お散歩中でも落ちているものがあれば何でも口に入れてしまう拾い食いのクセは、病気の元になることもあります。

拾い食い防止のトレーニングをして、愛犬の健康を守りましょう。

 

拾い食いは病気の元

特に好奇心旺盛な性格の子は、お散歩中に拾い食いをしてしまうことがあると思います。

拾い食いがクセになってしまうと、腐敗物や毒物までも口に入れてしまう可能性が・・・。

それでは健康を害してしまうのは当然です。

そうなる前に、拾い食い防止のトレーニングをしておきましょう。

 

トレーニング

拾い食いを防止するためには、誘惑に負けないようにすることが必要です。

まずは、自宅でトレーニングを行ってみましょう。

手順は次のとおりです。

 

誘惑物を愛犬の直線上に見えるように置く

「オイデ」と愛犬を飼い主の場所まで呼ぶ

②のときに誘惑物に行こうとしたら「イケナイ」と言って口に入れさせないようにする(リードを引っ張ってコントロールしてもOK)

②できちんと飼い主の場所まで来れたら大好物のおやつをあげる

 

自宅でこのトレーニングが成功するようになったら、外でも実践してみましょう。

 

お散歩中に飼い主が注意すること

口にものを入れさせないことが一番大切です。

お散歩中、飼い主さんは愛犬の様子をよく見て、周囲にも気を配りながら歩くようにしましょう。

 

ただ、もしも拾い食いをしてしまったときは、口の中に手を入れて吐き出させましょう。

口の中に手を入れる練習を普段からしておくことをオススメします。

 

また、拾い食いをしてしまったとき、飼い主さんは焦って「イケナイ!ダメ!」などと過剰に反応してしまうことがありませんか?

犬は飼い主さんの過剰な反応が見たくて拾い食いを繰り返してしまうので、対処するときは冷静に行いましょう。

 

 - お出かけ, しつけ, 健康管理

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

愛犬の病気を早期発見するために

もし、愛犬が病気にかかってしまったとしても早期発見であれば治療ができたり、進行を …

ドッグランでのルール

柴犬は活発な子が多く、外遊びも大好きです。 ただ、ドッグランで遊ぶときは安全のた …

この果物は犬が食べても平気?~犬が食べると害のある果物編~

果物好きの柴犬は多いことでしょう。 しかし、果物によっては犬が食べると体に害のあ …

柴犬の換毛期

現在、換毛期真っ只中ではないでしょうか? 我が家の柴犬も5月の中旬頃から春の換毛 …

要求吠えをしない犬に育てる方法

犬の要求吠えは、成犬になってから改善しようとしてもそう簡単にいくものではありませ …

柴犬との旅行

犬を連れて旅行に行ってみたいと思う方は多いのではないでしょうか。 犬OKの宿泊施 …

犬は家族関係を見ている~食事を与えてくれる人がボスとは限らない~

よく、「食事を与えたり、散歩に連れて行ってるのは私なのに、うちの犬は主人の言うこ …

体は異常なし!でも犬のオシッコの回数が増えたのは何故?!

  我が家の柴犬は現在2歳を過ぎましたが、1歳半頃から急に1日のオシッ …

社会化のしつけ

家の中でのトレーニングができるようになったら、次は外の環境に慣れさせます。 人に …

食事のしつけ

食事タイムのしつけはトイレのしつけと同様、パピーのうちから始めましょう。 ここで …