*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

拾い食い防止のトレーニング

      2018/08/07

DSC06651

家の中でも、お散歩中でも落ちているものがあれば何でも口に入れてしまう拾い食いのクセは、病気の元になることもあります。

拾い食い防止のトレーニングをして、愛犬の健康を守りましょう。

 

拾い食いは病気の元

特に好奇心旺盛な性格の子は、お散歩中に拾い食いをしてしまうことがあると思います。

拾い食いがクセになってしまうと、腐敗物や毒物までも口に入れてしまう可能性が・・・。

それでは健康を害してしまうのは当然です。

そうなる前に、拾い食い防止のトレーニングをしておきましょう。

 

トレーニング

拾い食いを防止するためには、誘惑に負けないようにすることが必要です。

まずは、自宅でトレーニングを行ってみましょう。

手順は次のとおりです。

 

誘惑物を愛犬の直線上に見えるように置く

「オイデ」と愛犬を飼い主の場所まで呼ぶ

②のときに誘惑物に行こうとしたら「イケナイ」と言って口に入れさせないようにする(リードを引っ張ってコントロールしてもOK)

②できちんと飼い主の場所まで来れたら大好物のおやつをあげる

 

自宅でこのトレーニングが成功するようになったら、外でも実践してみましょう。

 

お散歩中に飼い主が注意すること

口にものを入れさせないことが一番大切です。

お散歩中、飼い主さんは愛犬の様子をよく見て、周囲にも気を配りながら歩くようにしましょう。

 

ただ、もしも拾い食いをしてしまったときは、口の中に手を入れて吐き出させましょう。

口の中に手を入れる練習を普段からしておくことをオススメします。

 

また、拾い食いをしてしまったとき、飼い主さんは焦って「イケナイ!ダメ!」などと過剰に反応してしまうことがありませんか?

犬は飼い主さんの過剰な反応が見たくて拾い食いを繰り返してしまうので、対処するときは冷静に行いましょう。

 

 - お出かけ, しつけ, 健康管理

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

手作りごはん

ドッグフードのように栄養バランス優れているご飯を作るのは結構難しいことですが、誕 …

愛犬との関わり方

  しつけをする上で、最も重要なのが飼い主と犬の信頼関係です。 ただ、 …

トイレシーツを大量に食べてしまうと命にかかわることもある

  我が家の柴犬は、お留守番中などにトイレシーツをビリビリに嚙みちぎっ …

飛びつきぐせのトレーニング

飼い主さんが立っているとき、犬が飼い主さんの足にジャンプして飛びついてくることは …

トイレトレーニング

  トイレトレーニングには様々な方法があると思いますが、ここでは我が家 …

年齢別の世話&しつけ

犬の成長は本当に早いです。 家族に迎い入れた大切な柴犬がシニア犬まで元気に過ごせ …

子犬の社会化は、いつから始めたらいい?

生まれて2か月、3か月の子犬の周りには“初めて”があふれています。 初めてのこと …

愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う行動の変化~

前回の記事では、“愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う体の変化~”という …

ダイエット

太りすぎてしまうと病気になる可能性が高くなります。 「うちの子太ってきたかも?! …

しつけの悩み№1「吠える」

柴犬の飼い主が最もしつけで苦労しているのは、「吠える」ことです。 ご近所に迷惑を …