*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

柴犬と遊ぶときのルール

      2018/08/07

my friends

愛犬と遊ぶときは、しつけも兼ねて楽しく遊びましょう。

また、安全に遊ぶためにもルールは不可欠です。

 

ルール

【迷惑をかけずに遊ぶ】

特に外で遊ぶときは、他の人の迷惑にならないようにしましょう。

リードは絶対つけます。

また、他の犬が遊んでいたら少し離れた場所を選んで遊びましょう。トラブルの原因になることがあります。

遊ぶ時間帯も気をつけましょう。

 

【犬の負担にならないように遊ぶ】

犬は、遊んでいるうちにヒートアップして周りが見えなくなってしまうことがあります。

そのときにケガをしたり、心臓、関節などに負担をかけないよう気をつけてあげましょう。

 

【必ず飼い主が指示を出して遊ばせる】

必ず「マテ」「オスワリ」などの指示を出して、それができたらおもちゃを渡して遊ぶようにします。

また、長時間おもちゃを渡しっぱなしにするのではなく、短い時間で区切って「マテ」「オスワリ」などを何度も繰り返すようにしましょう。

 

【おもちゃ以外に噛みついたら遊びを終了する】

遊んでいる最中に飼い主さんの手などを噛んだりしたら、すぐに遊びを終了させてください。

叱られるより遊べないことのほうが犬にとっては罰になるので、嚙み癖のしつけにもなります。

 

【犬同士だけで遊ばせない】

犬同士だけにして遊ばせると、遊びがヒートアップしたときにケンカになる恐れがあります。

必ず人間が付き添って遊ばせましょう。

 

犬が遊んでいるときはよく観察する

犬も人間と同じで、その日によって体調や気分が変化します。

大好きなおもちゃを差し出しても、興味がない素振りをすることがありませんか?

そういうときは、無理やり遊ばせるのはやめましょう。

 

また、遊ぶときは犬だけに遊ばせるのではなく、飼い主さんも一緒に遊びましょう。

一緒にボールを追いかけたり、「すごいね!」「おいで!」「いい子!」など声をかけるだけでもいいです。

遊び終わったら、おもちゃは必ず犬の届かない場所に置きましょう。

 

愛犬が可愛くて、ついつい新しいおもちゃを買ってしまうことがありますが、犬にも好みがあるので気に入ってくれるとは限りません。

おもちゃが複数あっても、いつも同じおもちゃで遊ぶ子がいますよね。結局無駄遣いをすることになってしまいます。

ですので、どんなおもちゃがお気に入りなのかよく観察することも大切です。

 

 - しつけ

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

食事のしつけ

食事タイムのしつけはトイレのしつけと同様、パピーのうちから始めましょう。 ここで …

シャンプー嫌いを克服するにはどうしたらいい?

私は犬を飼って初めて知りましたが、犬はシャンプー嫌いな子が多いです。 ここでは、 …

愛犬のボディランゲージを読み取ることができれば、しつけ上手な飼い主になれる?

私たち人間は犬の言葉を理解することはできませんが、当然のことながら犬も人間のよう …

「オイデ」のトレーニング

「オイデ」のトレーニングは、愛犬をトラブルから守るために欠かせない指示です。 例 …

犬を飛行機に乗せるときに知っておきたいこと

犬を連れての旅行や、仕事上(転勤に伴う引越しなど)の理由で、愛犬が飛行機を利用す …

ご飯を食べないのはなぜ?

あるとき突然、ご飯を食べないことがあります。 それには何かしらの原因がありますが …

柴犬はドッグランで嫌がられる?

  「柴犬はドッグランで嫌がられることがある・・・」という話をよく耳に …

指示語トレーニング

  「オスワリ」「マテ」「フセ」などと飼い主さんが言ったら、その通りに …

しつけを成功させるポイント

犬が他の人や犬に迷惑をかけたり、外で事故にあわないようにするためにしつけをする必 …

飛びつきぐせのトレーニング

飼い主さんが立っているとき、犬が飼い主さんの足にジャンプして飛びついてくることは …