*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

おもちゃ遊び

      2018/08/07

shibainu

おもちゃ遊びは、犬と飼い主の信頼関係を深めたり、しつけや犬のストレス発散などに効果的だと思います。

安全なおもちゃを使って、楽しく遊びましょう♪

 

おもちゃ遊びの注意点

①安全なおもちゃを選ぶ

犬はおもちゃを口でくわえて遊ぶので、かじっても安全なものを選びましょう。

また、小さすぎるおもちゃは飲み込んでしまう危険性があるので避けてください。

 

②飼い主が主導権を握る

おもちゃは飼い主さんの所有物です。

遊ばせるときは、飼い主さんがおもちゃを管理して渡しましょう。

我が家では「オスワリ」「マテ」「フセ」の一連の動作ができたら、おもちゃを渡すようにしています。

遊びを終わらせるタイミングも飼い主さんが決めましょう。

決して、犬に勝手におもちゃを触らせてはいけません。

 

③人のもので遊ばせない

犬は、スリッパなど人のものが好きですが、それでは遊ばせないようにしましょう。

「人のもので遊んでいいんだ」と勘違いして、人の匂いのついているもので遊ぶようになってしまいます。

かじられたくないものまでおもちゃにされてしまうことがあるので、気をつけましょう。

 

犬用おもちゃ

犬用のおもちゃには様々な種類があります。

 

【知育トイ】

ひとり遊び用のおもちゃで、おやつを中に仕込むことができます。

お留守番のときに最適です。

 

【ボール】

飼い主さんが投げたボールを犬が取りに行く遊びをすることで、呼び戻しの訓練ができます。

リードをつけて遊ぶとよいでしょう。

 

【ヒモつきおもちゃ、布製おもちゃ】

ヒモつきおもちゃや布製おもちゃは、飼い主さんと一緒に遊ぶものです。

人の目が行き届くときだけ、遊ばせるようにしましょう。

 

「ダシテ」のトレーニング

犬は、おもちゃをくわえると興奮してなかなか口から出してくれません。

しかし、主導権は飼い主さんにあるので必ず取り上げるしつけをしましょう。

 

【「ダシテ」のしつけ方】

①最初は、犬がくわえているおもちゃを引っ張ってお互いに引っ張り合いましょう。

②そのうちに、「ダシテ」と言いながら口からおもちゃを放させます。どうしても放さないときは、おもちゃを飼い主さんの体に引きつけると自然に放すでしょう。

(我が家の場合は、放したら再度「オスワリ」「マテ」「ヨシ!」をして繰り返し遊ぶようにしています。そうすることで「放しても、もう一回遊べるんだ」と犬は理解するようで、すぐに放してくれるようになりました。)

③おもちゃを口から出したら、おやつなどのごほうびをあげてほめてあげましょう。

 

 - しつけ

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

遊んでいるときに興奮し過ぎたらどうすればいい?

我が家の柴犬は、遊んでいるときに興奮しすぎると周りが見えなくなって飼い主の手に噛 …

ご飯を食べない柴犬・・・どうしたら食べてくれるようになる?

我が家の柴犬は相当な食いしん坊ですが、柴ちゃんのなかにはご飯に興味がなかったり、 …

柴犬の困った行動

かわいい柴犬ですが、知らない人に吠えるなど時々困った行動をすることがあるのではな …

“ハウス無し”で育った犬は分離不安症になりやすい?

ハウスのないワンちゃんが、皆「分離不安症」になるかと言ったらそうではありません。 …

「オスワリ」のトレーニング

  ご飯を食べる前や来客があるときなど、「オスワリ」は犬を落ち着かせる …

飛びつきぐせのトレーニング

飼い主さんが立っているとき、犬が飼い主さんの足にジャンプして飛びついてくることは …

年齢別の世話&しつけ

犬の成長は本当に早いです。 家族に迎い入れた大切な柴犬がシニア犬まで元気に過ごせ …

食事のしつけ

食事タイムのしつけはトイレのしつけと同様、パピーのうちから始めましょう。 ここで …

愛犬にぴったりなハウスとは?

≪ 目次 ≫1 そもそもハウスってどこ?2 クレートが必要な理由3 適当なクレー …

愛犬に触れようとすると噛まれてしまう、その原因とは・・・

犬は、むやみに噛む動物ではありません。 その為、飼い主さんのことを噛んでくるとい …