*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

おもちゃ遊び

      2018/08/07

shibainu

おもちゃ遊びは、犬と飼い主の信頼関係を深めたり、しつけや犬のストレス発散などに効果的だと思います。

安全なおもちゃを使って、楽しく遊びましょう♪

 

おもちゃ遊びの注意点

①安全なおもちゃを選ぶ

犬はおもちゃを口でくわえて遊ぶので、かじっても安全なものを選びましょう。

また、小さすぎるおもちゃは飲み込んでしまう危険性があるので避けてください。

 

②飼い主が主導権を握る

おもちゃは飼い主さんの所有物です。

遊ばせるときは、飼い主さんがおもちゃを管理して渡しましょう。

我が家では「オスワリ」「マテ」「フセ」の一連の動作ができたら、おもちゃを渡すようにしています。

遊びを終わらせるタイミングも飼い主さんが決めましょう。

決して、犬に勝手におもちゃを触らせてはいけません。

 

③人のもので遊ばせない

犬は、スリッパなど人のものが好きですが、それでは遊ばせないようにしましょう。

「人のもので遊んでいいんだ」と勘違いして、人の匂いのついているもので遊ぶようになってしまいます。

かじられたくないものまでおもちゃにされてしまうことがあるので、気をつけましょう。

 

犬用おもちゃ

犬用のおもちゃには様々な種類があります。

 

【知育トイ】

ひとり遊び用のおもちゃで、おやつを中に仕込むことができます。

お留守番のときに最適です。

 

【ボール】

飼い主さんが投げたボールを犬が取りに行く遊びをすることで、呼び戻しの訓練ができます。

リードをつけて遊ぶとよいでしょう。

 

【ヒモつきおもちゃ、布製おもちゃ】

ヒモつきおもちゃや布製おもちゃは、飼い主さんと一緒に遊ぶものです。

人の目が行き届くときだけ、遊ばせるようにしましょう。

 

「ダシテ」のトレーニング

犬は、おもちゃをくわえると興奮してなかなか口から出してくれません。

しかし、主導権は飼い主さんにあるので必ず取り上げるしつけをしましょう。

 

【「ダシテ」のしつけ方】

①最初は、犬がくわえているおもちゃを引っ張ってお互いに引っ張り合いましょう。

②そのうちに、「ダシテ」と言いながら口からおもちゃを放させます。どうしても放さないときは、おもちゃを飼い主さんの体に引きつけると自然に放すでしょう。

(我が家の場合は、放したら再度「オスワリ」「マテ」「ヨシ!」をして繰り返し遊ぶようにしています。そうすることで「放しても、もう一回遊べるんだ」と犬は理解するようで、すぐに放してくれるようになりました。)

③おもちゃを口から出したら、おやつなどのごほうびをあげてほめてあげましょう。

 

 - しつけ

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

犬を飛行機に乗せるときに知っておきたいこと

犬を連れての旅行や、仕事上(転勤に伴う引越しなど)の理由で、愛犬が飛行機を利用す …

拾い食い防止のトレーニング

家の中でも、お散歩中でも落ちているものがあれば何でも口に入れてしまう拾い食いのク …

体は異常なし!でも犬のオシッコの回数が増えたのは何故?!

  我が家の柴犬は現在2歳を過ぎましたが、1歳半頃から急に1日のオシッ …

食事のしつけ

食事タイムのしつけはトイレのしつけと同様、パピーのうちから始めましょう。 ここで …

子犬の社会化は、いつから始めたらいい?

生まれて2か月、3か月の子犬の周りには“初めて”があふれています。 初めてのこと …

ご飯を食べないのはなぜ?

あるとき突然、ご飯を食べないことがあります。 それには何かしらの原因がありますが …

ドライブ好きな柴犬に育てるには~ドライブ嫌いになる理由と克服方法~

愛犬を連れてお出かけするときに必ずと言っていいほど使うのが、自動車です。 しかし …

犬が人間の物をかじったときの対応

家のスリッパや家具をかじられていませんか? もし人間の物をかじっているところを目 …

柴犬と遊ぶときのルール

愛犬と遊ぶときは、しつけも兼ねて楽しく遊びましょう。 また、安全に遊ぶためにもル …

トイレトレーニング

  トイレトレーニングには様々な方法があると思いますが、ここでは我が家 …