*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

食事のしつけ

      2018/08/07

LuLu

食事タイムのしつけはトイレのしつけと同様、パピーのうちから始めましょう。

ここでは、我が家で行っている食事のしつけをお話したいと思います。

 

1粒ずつ手で食べさせる

これは、飼い主さんの手の平にエサを1粒ずつのせて犬に見せ、「オスワリ」「マテ」「ヨシ!」ができたらエサをあげる方法です。

この方法はドッグトレーナーさんに教えていただきました。

うちの犬は、このトレーニングで「オスワリ」「マテ」「ヨシ!」でエサを食べられるようになりました。

最初は1粒にして、できたら次は2粒、3粒と手の平であげるエサの量を増やしていってもよいでしょう。

 

ポイントは、言葉だけで理解させることです。

例えば、「マテ」のときに手の平を見せて「マテ」と言ってしまうと、犬は手に気を取られて飛びついてくることがあります。

必ず「オスワリ」「マテ」「ヨシ!」という言葉だけでトレーニングをしましょう。

 

手の平でエサをあげることには指示語が分かるようになるだけでなく、人の手を噛まなくなるというメリットもあります。

時間があるときは、繰り返しトレーニングしましょう。

 

水を飲む時間は飼い主が決める

ペットショップで犬を購入したときに、「水は常に飲める環境にしてください」と言われたのでそのようにしていましたが、しつけのためにはおすすめできません。

ドッグトレーナーさんも「水が常に飲めると、いつでもオシッコしていいんだ」と犬は思ってしまう、と言っていました。

 

水分補給は細目にさせますが、時間は飼い主さんが決めましょう。水を飲んだらトイレに行くようにしつけると良いです。

また、給水器だと常に水が飲める状態になってしまうので、水を飲むのはエサと同じ容器で十分です。

エサを食べ終わったあとにも、水をあげましょう。

 

食事タイムには時間制限を作る

食事を与えても残すことがあると思います。

そういうときは15~20分をタイムリミットとして、その時間を過ぎても食べない場合は食事の容器を片付けましょう。

時間制限を作らないとルーズな犬になってしまいます。

パピーの頃から、しっかりしつけましょう。

 

 - しつけ

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

ドライブ好きな柴犬に育てるには~ドライブ嫌いになる理由と克服方法~

愛犬を連れてお出かけするときに必ずと言っていいほど使うのが、自動車です。 しかし …

愛犬のボディランゲージを読み取ることができれば、しつけ上手な飼い主になれる?

私たち人間は犬の言葉を理解することはできませんが、当然のことながら犬も人間のよう …

「オイデ」のトレーニング

「オイデ」のトレーニングは、愛犬をトラブルから守るために欠かせない指示です。 例 …

叱られたこと理解しているの?~犬が叱られたときに出すサイン~

  “「叱る」と「怒る」は違う”の記事で書かせて頂きましたが、感情的に …

散歩中、犬に引っ張らせない方法

  散歩は、犬が一日の中で最も楽しみにしている時間でしょう。 特に室内 …

犬が人間の物をかじったときの対応

家のスリッパや家具をかじられていませんか? もし人間の物をかじっているところを目 …

体は異常なし!でも犬のオシッコの回数が増えたのは何故?!

  我が家の柴犬は現在2歳を過ぎましたが、1歳半頃から急に1日のオシッ …

飛びつきぐせのトレーニング

飼い主さんが立っているとき、犬が飼い主さんの足にジャンプして飛びついてくることは …

犬と良好な関係を築くためのポイント4つ

犬にとって、飼い主がどのような存在であれば良好な関係を築いていけるのでしょうか。 …

愛犬との関わり方

  しつけをする上で、最も重要なのが飼い主と犬の信頼関係です。 ただ、 …