*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

犬の性格は育て方で変えられる

      2018/08/07

i'm 7 months old

犬種には、それぞれ特性があります。

柴犬は日本犬では最も人気が高く、近年では海外でも飼っている人が増えている犬種ですが、一般的には「攻撃性が高い」、「警戒心が強い」、「吠えやすい」、「子供に攻撃しやすい」、「人懐っこくない」などという特性がデータとしてあるのも事実です。

皆さんも柴犬に対してこのようなイメージを持っているのではないでしょうか?

また、柴犬を飼いたいけれど、上記のような特性があるからお世話やしつけをしていけるのか不安、という方もいるでしょう。

 

しかし・・・

「犬を飼うなら絶対に柴犬がいい!」と思っている方なら大丈夫です!!

 

柴犬に限らず、犬の性格は育て方次第で変えられるものだということを知っておきましょう。

ただ、犬の性格は生後1年間の育て方で決まる、とも言われているので子犬の1年間が勝負です。

犬の犬種を選ぶときは慎重になると思いますが、「絶対にこの犬種がいい!」と決めたら、特性を受け止め、しつけをしていく覚悟を定めましょう。

 

柴犬は、初めて犬を飼う人には向かないと言われていますが、私が初めて飼った犬種は柴犬です。(どうしても柴犬を飼いたかったんです)

今ではご近所さんに「柴犬なのに大人しいわね」、「柴犬なのに人懐っこいわね」と言われています。

我が家の柴犬は番犬というキャラでもないので、「この子、本当に柴犬かしら?」と思うこともあるくらいです(笑)

このように、しつけによって犬種本来の性格を変えることはできると実感しています。

 

犬の性格を変えるためには、まず本来の特性を理解することが重要でしょう。

柴犬の場合、「攻撃性が高い」、「吠える」という特性が強いと感じたので、その部分を徹底的にしつけました。

主に重視したのは下記のことです。

・子供に攻撃しないよう、子犬の頃から親戚の子供に会わせ、その子たちからおやつを与えてもらうことで子供に慣れさせた

・「噛んでいいのはおもちゃだけ」ということを理解させるために、おもちゃを噛んだときだけ大げさに褒めた

・吠えたら口輪をして、飼い主は部屋から消えるor犬をクレートに入れてひとりぼっちにさせた

 

これらを根気よく行った結果、「吠えない」、「咬まない」柴犬に成長してくれました。

少しでも参考にして頂ければ幸いです。

 

 - しつけ, 愛犬を選ぶときのポイント

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

しつけを成功させるポイント

犬が他の人や犬に迷惑をかけたり、外で事故にあわないようにするためにしつけをする必 …

拾い食い防止のトレーニング

家の中でも、お散歩中でも落ちているものがあれば何でも口に入れてしまう拾い食いのク …

要求吠えをしない犬に育てる方法

犬の要求吠えは、成犬になってから改善しようとしてもそう簡単にいくものではありませ …

犬の本能を知って、しつけに役立てる

犬には元来持っている本能があります。 その本能を知っておくと、しつけをする際に役 …

おもちゃ遊び

おもちゃ遊びは、犬と飼い主の信頼関係を深めたり、しつけや犬のストレス発散などに効 …

社会化のしつけ

家の中でのトレーニングができるようになったら、次は外の環境に慣れさせます。 人に …

柴犬を飽きさせないおもちゃ選び&遊び方

愛犬と遊ぶときに欠かせないのがおもちゃですよね。 柴犬の多くはおもちゃが大好きで …

愛犬を選ぶときは“自分と似た性格”の犬を!

犬を飼う場合、最初から「この犬種が飼いたい」と決まっている人もいれば、「どんな犬 …

くわえているものを無理やり奪うのはNG?

成長するにつれて、くわえたものを放してくれなくなる犬がいます。(まさにうちの犬が …

食事のしつけ

食事タイムのしつけはトイレのしつけと同様、パピーのうちから始めましょう。 ここで …