*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

散歩中、犬に引っ張らせない方法

      2018/08/07

お散歩

 

散歩は、犬が一日の中で最も楽しみにしている時間でしょう。

特に室内で飼われている犬の場合、家の外に出ることはとても魅力的なことに感じているはずです。

鳥のさえずりを聞いたり、散歩中の犬と出会うことを楽しみにしている子もいるでしょう。

その為、外に出たら興奮するのは当然だと言えます。

我が家の柴犬も、足をケガしていても散歩に行きたがるほど大好きで、興奮MAXの状態になります。

しかし、興奮することでリードを勢いよく引っ張るので車の前に飛び出してしまったり、飼い主さんが転倒してしまうなど、危険なこともあるので気をつけましょう。

散歩は、必ず飼い主さんが主導権を握ることが大切です。

ここでは、犬に引っ張らせない方法についてお話したいと思います。

 

引っ張り癖を直すトレーニング

①散歩中の基本姿勢を確認する

犬は飼い主さんの左側を歩かせます。

リードは両手で持ち、たるみすぎ、張りすぎのないようにしましょう。

 

②引っ張ったらこちらに注意を引く

犬がリードを引っ張って先へ先へと歩こうとしたら、飼い主さんはまず立ち止まりましょう。

そして、犬の名前を呼んで飼い主さんのほうに注意を引かせてください。

 

③おやつを見せて定位置に誘導する

②で犬が振り向いたら、おやつを見せて定位置(飼い主さんの左側)に誘導しましょう。

 

④定位置に戻れたら散歩を再開する

おやつ効果で定位置(飼い主さんの左側)に戻れたら、たくさんほめてあげましょう。

そして、散歩を再開します。

 

犬の気持ちを考慮してあげる時間も作る

散歩は、飼い主が進む道に従わせる、歩くペースも飼い主が決めるなど、基本的には飼い主さんが主導権を握りましょう。

ただ、車が通らない公園などでは、犬が自由に立ち止まって芝生のニオイを嗅いだり、飼い主さんと一緒に走り回れる時間を作ってあげましょう。

あまりにも散歩に対して厳しすぎると、散歩が上手くいかないばかりか、散歩嫌いになってしまう恐れがあるので臨機応変な散歩も忘れないようにすることが大切でしょう。

 

 - お出かけ, しつけ, 散歩

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

甘噛みのしつけ

パピーの頃は、どうしても甘噛みをします。 ただ、甘噛みをしないように早いうちから …

体は異常なし!でも犬のオシッコの回数が増えたのは何故?!

  我が家の柴犬は現在2歳を過ぎましたが、1歳半頃から急に1日のオシッ …

拾い食い防止のトレーニング

家の中でも、お散歩中でも落ちているものがあれば何でも口に入れてしまう拾い食いのク …

柴犬とドライブ

大きな公園に遊びに行くとき、動物病院に行くとき、旅行に行くときなど車を使うことが …

子犬の社会化は、いつから始めたらいい?

生まれて2か月、3か月の子犬の周りには“初めて”があふれています。 初めてのこと …

柴犬の困った行動

かわいい柴犬ですが、知らない人に吠えるなど時々困った行動をすることがあるのではな …

犬が人間の子供に噛みつこうとする理由

  「人間の子供が犬に襲われる」というニュースが記憶にあるでしょうか。 …

ご飯の時間が近くなると「オスワリ」をする犬・・・それは要求行動のひとつ?

ご飯の時間やお散歩の時間が近づいてくると、いきなり「オスワリ」をし出すことはあり …

「オイデ」のトレーニング

「オイデ」のトレーニングは、愛犬をトラブルから守るために欠かせない指示です。 例 …

愛犬にぴったりなハウスとは?

≪ 目次 ≫1 そもそもハウスってどこ?2 クレートが必要な理由3 適当なクレー …