*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

シニア犬との暮らし

      2018/08/07

 

現在、犬の多くは15~16年ほど生きますが、7~8歳頃になるとシニア犬になります。

シニア犬になると、消化不良を起こすなど体が衰えてきます。

飼い主としてエサを見直すなど、工夫をしてあげましょう。

 

柴犬は痴呆になりやすい?

柴犬は体がガッシリしていて丈夫なので、シニア犬になっても元気に動き回る子がほとんどです。

しかし、体とは裏腹に痴呆が進んでしまう子が多いのだとか・・・。

 

徘徊したり、周りのものにぶつかっていたら痴呆の可能性を疑ったほうがいいでしょう。

特に7歳頃からは、注意深く行動を見てあげてください。

 

シニア犬の特徴

シニア犬になったな・・・と感じる瞬間は、

「よく寝るようになった」

「散歩中に帰りたがるようになった」

「犬や人に無関心になった」

「反応が鈍くなった」

「排尿の回数が増えた」

「段差をこえられなくなった」

などが挙げられます。

 

また、「白い毛が増える」「シワができる」「目やにが増える」「歯が抜ける」など、外見的にも衰えが目立つようになってきます。

 

シニア犬の食事

シニア犬になると、多くの柴犬は太る傾向にあります。

これは、運動量や基礎代謝が低下するためです。

 

シニア犬に近づいてきたな、と感じたらドッグフードを徐々にシニア犬用に切り替えていきましょう。

シニア犬に合った栄養バランスが考えられていて消化もいいです。

歯が欠けたり抜けたりして、ドライフードが食べにくい場合は、子犬の頃と同じようにお湯でふやかしてあげましょう。

 

 - 飼い主の義務

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

天災に備える

近年、地震や大雨などによる水害といった天災が頻繁に起こっていますよね。 天災はい …

10年先の生活を見据えた愛犬選びを・・・

「10年後なんてどうなってるか分からないよ」って感じですよね。 しかし、“結婚し …

犬を飼う前に~最期までお世話ができるか考える~

  現在、獣医療の発展や食事などにより、犬は10年~20年ほど生きるこ …

責任持ってできる?~柴犬の繁殖~

柴犬を飼っていると、「赤ちゃんが生まれたら1匹譲ってほしい」などと言われることが …

予防接種と蓄犬登録

犬を飼うと同時に、飼い主には様々な責任が発生します。 その中でも、狂犬病の予防接 …