*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

子犬の抱っこの仕方

      2015/09/20

c5FJftZn6BgkJBwODJsxMZtXSvE1Ysl6TVBxvTPoCQE

子犬の場合、病院やプレお散歩の際など、飼い主さんが抱っこをする場面が多々あります。

犬を初めて飼うとなったら、正しい抱っこの仕方を知っておきましょう。

 

子犬を抱っこするときは

子犬は元気いっぱいで、本当に動きがすばしっこいです。

その為、子犬を抱えようとするだけでも大変な場合があるでしょう。

 

まず、子犬を抱っこするときに絶対にしてはいけないのは、前肢をつかむことです。

前肢は弱く、関節を痛める原因となります。

 

子犬を抱き上げるときは、前肢の付け根の間に片方の手を入れ、子犬を飼い主さんの体に密着させ、もう片方の手でお尻を支えるようにしましょう。

お尻を支えないと不安定なので、子犬が怖がります。

子犬が安心できるよう、抱きかかえてあげましょう。

 

抱っこをトラウマにしない

不安定に抱っこされたり、抱っこ中に床に落ちる経験をしてしまった犬は、それがトラウマとなり抱っこ嫌いな犬になる可能性があります。

一度、抱っこ嫌いになるとトラウマを消すのは難しいです。

抱っこされても平気な犬になるまで時間がかかってしまうので、気をつけましょう。

 

人間の子供が抱っこをすることがあると思いますが、安定した抱っこをできない場合があります。

特に子犬は激しく動くので、難しいでしょう。

その為、子供が犬を抱っこするのは、子犬のうちは控えたほうがよいかもしれません。

 

また、犬に慣れていない来客から「抱っこさせて」とお願いされた場合は、飼い主さんが抱っこの仕方を教えるようにしましょう。

 

 - スキンシップ, 子犬を迎える準備

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

犬から信頼される飼い主になるために

家族の中で、旦那様の言うことは聞くけど奥様の言うことは聞かないということはありま …

子犬の飼育環境を整える

ここでは、室内で飼うときの飼育環境についてお話します。 室外で飼うときのコツにつ …

“ハウス無し”で育った犬は分離不安症になりやすい?

ハウスのないワンちゃんが、皆「分離不安症」になるかと言ったらそうではありません。 …

アイコンタクト、ハンドリング、グルーミング

ここでは、子犬との信頼関係を築くためにとても大切な、アイコンタクト、ハンドリング …

愛犬を選ぶときは“自分と似た性格”の犬を!

犬を飼う場合、最初から「この犬種が飼いたい」と決まっている人もいれば、「どんな犬 …

シニア犬の飼い主として注意すること

シニア犬になると、足腰が弱くなったり反応も鈍くなるので若い頃のように動けなくなり …

愛犬に触れようとすると噛まれてしまう、その原因とは・・・

犬は、むやみに噛む動物ではありません。 その為、飼い主さんのことを噛んでくるとい …

10年先の生活を見据えた愛犬選びを・・・

「10年後なんてどうなってるか分からないよ」って感じですよね。 しかし、“結婚し …

愛犬の病気を早期発見するために

もし、愛犬が病気にかかってしまったとしても早期発見であれば治療ができたり、進行を …

犬がアイコンタクトをとるとき

愛犬とアイコンタクトをとっていますか? アイコンタクトは、しつけをする上でとても …