*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

子犬の飼育環境を整える

      2018/08/07

shiba puppies are adorable. they're so fluffy!

ここでは、室内で飼うときの飼育環境についてお話します。

室外で飼うときのコツについては「飼う場所は室内?室外?」の記事をご参考にしていただければと思います。

 

子犬の居場所を作る

子犬は体温調節が上手くできないので暑すぎると熱中症や脱水症状など、寒すぎると風邪などを引き起こします。

その為、サークルを置く場所はよく考えなくてはなりません。

 

サークルを置く場所を決めるときに気をつけることは、

①空調の風が直接当たらないか

②直射日光が当たらないか

③窓際ではないか(窓際は温度が変動しやすい)

④ドアやテレビの近くではないか(うるさいと落ち着けない)

です。

 

また、適正室温は25~27度、適正湿度は50~55%です。

人間が寒い(暑い)と思ったら、子犬も寒い(暑い)と覚えておきましょう。

 

サークル内のセッティング

サークル内は子犬が1日の大半を過ごす場所です。

この中で食事やトイレを学んでいくので、どこに何を置くのかセッティングも重要になってきます。

 

まず、サークルを壁の角側に置きます。

犬は隅をキレイな場所とする習性があるので、ベッド(またはクレイト)と給水器を部屋の隅にセッティングしたほうがトイレのしつけもしやすいです。

我が家の子犬も、サークルの中にいるときだけは絶対にトイレトレーで排泄してくれます。

IMG_5686

 

ただ、ドッグトレーナーさんに家に来てもらったときに、トイレとハウスのしつけをしないと何も始まらないと教えてもらった後からは、サークルをトイレとし、ハウス(クレイト)はサークルの外に出して生活しています。

 

部屋に危険なものがないか確認する

子犬を迎えて2週間目くらいになると、少しずつサークルから部屋に出す機会が増えます。

危険なものがないか確認しておきましょう。

 

飲み込む危険性がある細かいものは片付け、かじってしまう電気コードや観葉植物は隠しましょう。

また、フローリングは滑りやすいのでカーペットなどを敷いてあげるなど工夫が必要です。

階段も危ないので、子犬が行けないように柵をするといいでしょう。

 

 - 子犬を迎える準備

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

愛犬にぴったりなハウスとは?

≪ 目次 ≫1 そもそもハウスってどこ?2 クレートが必要な理由3 適当なクレー …

子犬に必要な飼育グッズ

子犬を迎える前に、子犬の居場所となるスペースや飼育するためのグッズを準備する必要 …

飼う場所は室内?室外?

昔、日本では犬は外で飼うのが当たり前でした。 その為、近年室内飼いの犬が増えてい …

子犬の抱っこの仕方

子犬の場合、病院やプレお散歩の際など、飼い主さんが抱っこをする場面が多々あります …

愛犬を選ぶときは“自分と似た性格”の犬を!

犬を飼う場合、最初から「この犬種が飼いたい」と決まっている人もいれば、「どんな犬 …

子犬を迎い入れたらやっておくべきこと3つ

子犬を家に迎い入れたら、食事や排泄のお世話、しつけなどで慌ただしい日々が始まりま …

10年先の生活を見据えた愛犬選びを・・・

「10年後なんてどうなってるか分からないよ」って感じですよね。 しかし、“結婚し …

犬の本能を知って、しつけに役立てる

犬には元来持っている本能があります。 その本能を知っておくと、しつけをする際に役 …