*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

ドッグランでのルール

      2018/08/07

Untitled

柴犬は活発な子が多く、外遊びも大好きです。

ただ、ドッグランで遊ぶときは安全のためにルールを守りましょう。

 

ドッグランに行く前の注意点

ドッグランに行く前、飼い主が気をつけなければいけないことがあります。

それは、

●発情中のメスは、ドッグランには連れて行かない

●予防ワクチン接種がすんでいるか確認する

●ドッグランに入る前に排泄をさせておく(万が一、ドッグラン内で排泄してしまった場合はきちんと後始末をしましょう)

です。

 

子犬をドッグランで遊ばせる場合は、激しい運動はNGです。

関節が弱いため、ジャンプや高いところから飛び降りる運動はケガにつながります。

また、ドッグランで遊ばせるのは「呼び戻し」のしつけができるようになってからのほうが安全でしょう。

 

ドッグランに入るときは

ドッグラン内に入るときは、リードをつないだまま飼い主さんが先に入りましょう。

中に入ったら他の飼い主さんと挨拶をして、次に犬同士の挨拶をさせるのがドッグランの基本的なルールです。

 

犬の挨拶は、年上の犬が先に年下の犬のお尻をかぐことから始まります。

どっちが年上か、飼い主さん同士で確認しましょう。

お互いに匂いをかいで挨拶が終わった後、安全確認ができたらリードを放して遊ばせてあげてください。

犬を放してもOKな場所ではリードを外していいですが、他の犬もたくさんいて何が起こるか分からないので絶対に犬から目を離さないように気をつけましょう。

 

ドッグランで遊ぶときは

ドッグランでは、リードを外して走り回れたり、柴犬の大好きなボール遊びなどができるので、特に休日は混み合っているでしょう。

その為、しつけが行き届いていない犬も中にはいます。

犬同士がケンカしないように、飼い主さんがしっかり見ていましょう。

 

ドッグランで安全に楽しく過ごすポイントは、以下の通りです。

●ドッグランに入っても、リードはすぐには放さない

●リードを放したあとも、犬から目を離さない

●人間の食べ物を持ち込まない

●勝手に他の犬におやつをあげない(あげる場合は、飼い主さんの了承を得てからにする)

 

 - お出かけ, ドッグラン

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

柴犬との散歩

柴犬は散歩が大好き! 散歩をして気分転換をさせ、社会性も養いましょう。 &nbs …

ドッグカフェでのマナー

近年、犬も一緒に入れるカフェなどが増えてきました。 今回は、犬OKのお店に行った …

お散歩中、急に歩かなくなるのはナゼ?

お散歩中、さっきまで順調に歩いていたのに急に立ち止まって動かなくなることがありま …

柴犬はドッグランで嫌がられる?

  「柴犬はドッグランで嫌がられることがある・・・」という話をよく耳に …

拾い食い防止のトレーニング

家の中でも、お散歩中でも落ちているものがあれば何でも口に入れてしまう拾い食いのク …

飼い主にツイテ歩く練習

たまに、犬にリードを引っ張られながら散歩をしている飼い主さんを見かけますが、散歩 …

犬を飛行機に乗せるときに知っておきたいこと

犬を連れての旅行や、仕事上(転勤に伴う引越しなど)の理由で、愛犬が飛行機を利用す …

「オイデ」のトレーニング

「オイデ」のトレーニングは、愛犬をトラブルから守るために欠かせない指示です。 例 …

柴犬との旅行

犬を連れて旅行に行ってみたいと思う方は多いのではないでしょうか。 犬OKの宿泊施 …

お散歩中、柴犬の行動をコントロールするには

特にお散歩デビューをして間もない頃は、飼い主さんを引っ張ったり、いきなり地面にへ …