*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う行動の変化~

      2018/08/07

Alcea Rosea

前回の記事では、“愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う体の変化~”ということで、シニア犬になるとどのような体の変化があるのか、代表的なものを紹介しました。

今回は、加齢に伴う行動の変化についてお話したいと思います。

 

シニア犬の行動

シニア犬に近づくにつれて、明らかな行動の変化が見られるようになってきます。

例えば、

・とぼとぼ歩くようになった

・おもちゃで遊びたがらない

・他の犬など、周囲に興味がなくなってきた

・動きや反応が鈍くなってきた

・階段などの段差で上り下りしづらそうになってきた

・すぐに疲れてしまう

・すぐに息切れしてしまう

・呼んでもこちらに興味を示さない

など。

 

シニア犬には、このような行動の変化が見られるようになります。

ただ、注意してほしいことは、これらが全て加齢によるものだけではなく、病気のサインの場合もあるということです。

例えば、とぼとぼ歩いているのは腰などに原因があったり、すぐに疲れてしまったり息切れをしてしまうのは循環器の病気を患っているのかもしれません。

 

加齢による行動の変化を頭に入れつつ、日頃から愛犬の健康管理に気を配るようにしておきましょう。

そうすれば、万が一病気だったとしても早期に治療を受けることができます。

 

シニア犬のトイレ

子犬の頃、トイレが近かったり、粗相をしてしまったり、下痢気味だったり・・・トイレトレーニングが大変だったと思います。

シニア犬になると、子犬の頃と同じようにトイレの失敗が増えてきます。

頻尿になりますが、自らトイレに行っても排尿排便がなかなか出ないこともあるなど、犬にとってトイレは負担になります。

 

シニア犬になったからといって今までと生活をガラッと変えて過保護にしすぎるのは良くないですが、トイレと居住場所の距離を近くして移動距離を短くするなど、行動の変化に伴う環境作りをしてあげることは大切でしょう。

 

 - トイレ, 健康管理, 柴犬の病気とケガ, 犬の行動

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

愛犬の病気を早期発見するために

もし、愛犬が病気にかかってしまったとしても早期発見であれば治療ができたり、進行を …

犬が涙を流すのは悲しいからではない?!

特に、目の大きな犬は涙を流すことがあります。 そんなときは、「悲しいの?(&gt …

犬の狩猟本能

お散歩中、猫や鳥などの小動物に出会うと吠えたり追いかけ回そうとすることはありませ …

犬の本能を知って、しつけに役立てる

犬には元来持っている本能があります。 その本能を知っておくと、しつけをする際に役 …

動物病院を選ぶときのポイント

動物病院は、できるだけ自宅から近くて評判のいいところに通いたいというのが飼い主さ …

“ハウス無し”で育った犬は分離不安症になりやすい?

ハウスのないワンちゃんが、皆「分離不安症」になるかと言ったらそうではありません。 …

頭を振る回数が増えた愛犬・・・それは耳の病気が原因かも?!

最近、我が家の柴犬は歩くときに顔が左に傾き、頭を振る回数が異様に増えました。 こ …

処方された薬を与えるときの注意点

人間と同様、犬が病気になったときも薬での治療は必須です。 大切な飼い犬のために、 …

診察台を怖がる犬について

動物病院の診察台にのると震えてしまうのは、怖がっているサインです。 診察台が苦手 …

犬のストレスを見極める方法

  実は、犬は人間が思っている以上にストレスを抱え込みやすい生き物です …