*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う体の変化~

      2018/08/07

Flower / 花(はな)

「最近、足腰が弱ってきたなー」などと愛犬の体に変化を感じることがあれば、それはシニア犬に近づいてきたサインかもしれません。

柴犬の場合、11歳にもなれば体が思うようにならなくなる状態が目に見えてくるでしょう。

ここでは、加齢に伴う主な体の変化についてお話したいと思います。

 

体の変化

加齢に伴い、犬の体は次のような変化が起こります。

愛犬の体をチェックしてみましょう。

 

・体がプルプル震えるようになる

・筋肉が落ち、お尻が小さくなる

・消化吸収機能が低下して痩せる

・代謝機能の低下により太る

・姿勢が悪くなる(背中が丸くなったり、頭を低くした姿勢)

・目が白く濁る

・口臭がきつくなる

・皮膚トラブルを起こしやすくなる

・毛のトラブルが多くなる

(毛につやがなくなる、抜け毛やフケが増える、白髪になる・・・など)

 

病気の疑いを持つ

「加齢による体の変化」=「病気」というわけではありません。

しかし例えば、白髪が増えたり、被毛や鼻の色が薄くなってくるなどの変化は皮膚病の可能性が考えられますし、目が白く濁るなどの変化は緑内障の心配があります。

また、体がプルプル震えているのも単に加齢のサインというだけではなく、関節炎などの病気を患っているのかもしれません。

 

「シニア犬だから」という言葉で片付けず、愛犬の様子がなんかおかしいなーと思ったら、一度病気を疑ってみることも大切ではないでしょうか。

そのためにも、日頃から愛犬を観察して変化に気づけるようにしておきましょう。

 

 - 健康管理, 柴犬の病気とケガ, 犬の行動

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

ご飯の時間が近くなると「オスワリ」をする犬・・・それは要求行動のひとつ?

ご飯の時間やお散歩の時間が近づいてくると、いきなり「オスワリ」をし出すことはあり …

柴犬がかかりやすい病気~「先天性心疾患」~

犬種によって、かかりやすい病気は異なります。 その主な理由には、身体的な特徴や遺 …

消化器系、泌尿器系、呼吸器系の病気

ここでは、「消化器系」、「泌尿器系」、「呼吸器系」の病気についてお話します。 & …

動物病院を選ぶときのポイント

動物病院は、できるだけ自宅から近くて評判のいいところに通いたいというのが飼い主さ …

においをかぐ行為

犬は、家の中でも外でもクンクンと地面のにおいをかぎまわる行動をしますよね。 あれ …

柴犬のストレスサインに気づいて!

ストレスが慢性的なものになると、問題行動を起こすだけでなく、免疫機能が低下して下 …

犬の狩猟本能

お散歩中、猫や鳥などの小動物に出会うと吠えたり追いかけ回そうとすることはありませ …

子犬の健康状態を見極めるポイント

普段、子犬は元気に動き回っていることでしょう。 ところが、そんな元気な子犬は急に …

この果物は犬が食べても平気?~食べられるが注意が必要な果物編~

果物が好きな柴犬を飼っている方、多いのではないでしょうか。 我が家の柴犬も、バナ …

「ここ掘れワンワン」掘る動作の意味とは?

犬が、自分のベッドを一生懸命掘っていることはありませんか? 掘る動作は犬の本能な …