*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う体の変化~

      2018/08/07

Flower / 花(はな)

「最近、足腰が弱ってきたなー」などと愛犬の体に変化を感じることがあれば、それはシニア犬に近づいてきたサインかもしれません。

柴犬の場合、11歳にもなれば体が思うようにならなくなる状態が目に見えてくるでしょう。

ここでは、加齢に伴う主な体の変化についてお話したいと思います。

 

体の変化

加齢に伴い、犬の体は次のような変化が起こります。

愛犬の体をチェックしてみましょう。

 

・体がプルプル震えるようになる

・筋肉が落ち、お尻が小さくなる

・消化吸収機能が低下して痩せる

・代謝機能の低下により太る

・姿勢が悪くなる(背中が丸くなったり、頭を低くした姿勢)

・目が白く濁る

・口臭がきつくなる

・皮膚トラブルを起こしやすくなる

・毛のトラブルが多くなる

(毛につやがなくなる、抜け毛やフケが増える、白髪になる・・・など)

 

病気の疑いを持つ

「加齢による体の変化」=「病気」というわけではありません。

しかし例えば、白髪が増えたり、被毛や鼻の色が薄くなってくるなどの変化は皮膚病の可能性が考えられますし、目が白く濁るなどの変化は緑内障の心配があります。

また、体がプルプル震えているのも単に加齢のサインというだけではなく、関節炎などの病気を患っているのかもしれません。

 

「シニア犬だから」という言葉で片付けず、愛犬の様子がなんかおかしいなーと思ったら、一度病気を疑ってみることも大切ではないでしょうか。

そのためにも、日頃から愛犬を観察して変化に気づけるようにしておきましょう。

 

 - 健康管理, 柴犬の病気とケガ, 犬の行動

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

診察台を怖がる犬について

動物病院の診察台にのると震えてしまうのは、怖がっているサインです。 診察台が苦手 …

愛犬のボディランゲージを読み取ることができれば、しつけ上手な飼い主になれる?

私たち人間は犬の言葉を理解することはできませんが、当然のことながら犬も人間のよう …

叱られたこと理解しているの?~犬が叱られたときに出すサイン~

  “「叱る」と「怒る」は違う”の記事で書かせて頂きましたが、感情的に …

季節によって注意したい体のトラブル

季節によって、かかりやすい病気は違ってきます。 特に柴犬は皮膚が弱いので、季節の …

動物病院での検査

何かしらの症状を抱えて動物病院に行くと、まずは検査を受けることが多いでしょう。 …

ダイエット

太りすぎてしまうと病気になる可能性が高くなります。 「うちの子太ってきたかも?! …

動物病院でできる予防

動物病院に行って、ワクチン接種や予防薬をお願いしましょう。 犬の健康のために、飼 …

犬が人間の子供に噛みつこうとする理由

  「人間の子供が犬に襲われる」というニュースが記憶にあるでしょうか。 …

処方された薬を与えるときの注意点

人間と同様、犬が病気になったときも薬での治療は必須です。 大切な飼い犬のために、 …

柴犬の換毛期

現在、換毛期真っ只中ではないでしょうか? 我が家の柴犬も5月の中旬頃から春の換毛 …