*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

柴犬が日常的に気をつけたい病気

      2018/08/07

IMG_9246

柴犬は、繁殖が上手く行われていますし、日本での生活が体質に適していることから犬種特有病は非常に少ないです。

しかし、そんな柴犬でも病気にかかってしまうことはあります。

ここでは、柴犬が日常的に気をつけたい病気についてお話したいと思います。

 

白内障

白内障には、先天性あるいは後天性のものがありますが、柴犬の場合、6歳以前に白内障が発症するのは先天性(遺伝的要因)のものが原因のようです。

では、後天性の白内障は何が原因かと言うと、糖尿病性、老齢性、外傷性などです。

 

白内障の初期段階では、水晶体の一部に白濁ができますが視力はあります。

しかし、進行していくと失明してしまいます。

 

白内障の治療方法についてですが、残念ながら完治させる方法はなく、点眼薬で病気の進行を遅らせる治療となります。

他の方法としては、人間と同じように白内障レンズを使うという選択肢もあります。

ただ、お手入れが面倒なこともあり、あまり使用されていないそうです。

 

歯周病

歯周病になるのは、人間と同じで歯垢がたまってしまうことが根本的な原因です。

歯垢がたまると歯肉にポケットができるので、最終的には歯が抜けてしまいます。

 

歯垢をためないためには、定期的に歯ブラシをすることが大切です。

歯ブラシのしつけを成犬になってから始めるのは難しいので、子犬の頃から歯ブラシに慣れさせておきましょう。

 

また、歯垢は動物病院でも除去してもらえますが、それには全身麻酔をする必要がありますので、獣医師さんとよく相談した上で行いましょう。

もし、これから避妊・去勢手術をされる場合は、一緒に歯垢除去もお願いすることをオススメします。

 

その他の柴犬が気をつけたい病気

柴犬が特にかかりやすい病気については、次の記事を参考にして頂ければと思います。

柴犬がかかりやすい病気~「膝蓋骨脱臼」~

柴犬がかかりやすい病気~「先天性心疾患」~

 

柴犬は平均寿命の長い犬種です。

子犬の頃から健康管理をして、天寿を全うさせてあげましょう。

 

 - 健康管理, 柴犬の病気とケガ

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

シニア犬の飼い主として注意すること

シニア犬になると、足腰が弱くなったり反応も鈍くなるので若い頃のように動けなくなり …

拾い食い防止のトレーニング

家の中でも、お散歩中でも落ちているものがあれば何でも口に入れてしまう拾い食いのク …

成長段階によって気をつけたい柴犬の食事

皆さんよくご存知のとおり、日々の食事が愛犬の体をつくっています。 適切な食事を与 …

柴犬がかかりやすい病気~「先天性心疾患」~

犬種によって、かかりやすい病気は異なります。 その主な理由には、身体的な特徴や遺 …

犬が舌を出す理由

犬は、舌をベロンと出していることがありますよね。 今回は、犬が舌を出すのはどんな …

その他の病気

柴犬が気をつけたい病気は他にもあります。 飼い主さんは注意してあげましょう。 & …

ペットと人間の共通感染症

ズーノーシス(人畜共通感染症)にならない方法を知って、ペットと人間が安全に暮らせ …

消化器系、泌尿器系、呼吸器系の病気

ここでは、「消化器系」、「泌尿器系」、「呼吸器系」の病気についてお話します。 & …

体は異常なし!でも犬のオシッコの回数が増えたのは何故?!

  我が家の柴犬は現在2歳を過ぎましたが、1歳半頃から急に1日のオシッ …

犬の中毒について

身の回りには、人間には害がなくても犬にとっては有害なものが存在します。 犬が口に …