*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

成長段階によって気をつけたい柴犬の食事

      2018/08/07

DSC_0450

皆さんよくご存知のとおり、日々の食事が愛犬の体をつくっています。

適切な食事を与えるようにしましょう。

ここでは、「子犬期」、「成犬期」、「高齢期」別に、食事で気をつけたいことについてお話したいと思います。

 

子犬期の食事

子犬が飼い主さんのもとにやって来るのは、多くの場合、生後2~3か月の頃でしょう。

特に柴犬は、下痢になりやすい犬種です。

家に連れてきたばかりのときは、ペットショップやブリーダーさんが与えていたドッグフードと同じものを与えるようにしましょう。

ドッグフードを変えるときは、最初に食べていたフードと新しいフードを混ぜて、徐々に新しいフードを多めにしていきます。

 

そして、ドライフードを与える場合は、数粒与えてみて「カリカリ」という音がしたら噛めているので大丈夫です。

ただ、消化を良くするためには、最初はドライフードをお湯でふやかしてから与えたほうがいいでしょう。

我が家の柴犬の場合は、生後3か月を過ぎた頃から徐々にドライフードに切り替えていきました。

 

また、子犬のときにカルシウムを与えることは避けてください。

カルシウムは骨の正常な成長の妨げになるので、子犬の骨が曲がってしまうこともあります。

気をつけましょう。

 

成犬期の食事

日常的に与えているドッグフードには、「総合栄養食」と表示されていると思います。

この表示があるフードを与えているかぎり、栄養不足になることはないと考えていいでしょう。

 

ただ、気をつけなければいけないのはフードの与えすぎです。

肥満は、病気の原因となるので注意しましょう。

 

特に、おやつの与えすぎは良くありません。

おやつは、何かができたときの「ごほうび」として与えるのが適当です。

また、おやつを与えたときは主食であるドッグフードの量も少し減らすようにしましょう。

 

高齢期の食事

高齢期になると、足腰が弱り、ガンの発生率も高くなります。

その為、サプリメント入りのフードや体の免疫力を高めてくれるフードに切り替えるとよいでしょう。

愛犬の体と相談して、適正なものを与えるようにしましょう。

 

栄養バランスの記事では、成長に合った食事の回数などについてお話しています。

よろしければご参考までに。

 

 - 健康管理

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

柴犬が日常的に気をつけたい病気

柴犬は、繁殖が上手く行われていますし、日本での生活が体質に適していることから犬種 …

自分の体をなめ続けるのはナゼ?

皆さんの愛犬は、自分の体をペロペロとなめていることはありませんか? 犬が自分の体 …

自分の尻尾を追いかけ回すのはストレスのせいかも?

我が家の柴犬は、時々自分の尻尾を追いかけ回しています。 「どうして自分の尻尾を追 …

愛犬の病気を早期発見するために

もし、愛犬が病気にかかってしまったとしても早期発見であれば治療ができたり、進行を …

柴犬のストレスサインに気づいて!

ストレスが慢性的なものになると、問題行動を起こすだけでなく、免疫機能が低下して下 …

柴犬の換毛期

現在、換毛期真っ只中ではないでしょうか? 我が家の柴犬も5月の中旬頃から春の換毛 …

柴犬と洋服

「犬に洋服は着せない派です」という方、特に柴犬の飼い主さんには多いかもしれません …

手作りごはん

ドッグフードのように栄養バランス優れているご飯を作るのは結構難しいことですが、誕 …

拾い食い防止のトレーニング

家の中でも、お散歩中でも落ちているものがあれば何でも口に入れてしまう拾い食いのク …

動物病院での検査

何かしらの症状を抱えて動物病院に行くと、まずは検査を受けることが多いでしょう。 …