*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

子犬の健康管理

      2018/08/07

小柴犬

心身共に健康的な成犬になるには、子犬の時期の健康管理がとても大切です。

飼い主として、子犬の健康管理に気をつけましょう。

 

体調を崩しやすい

子犬は体が未発達なので、とても体調を崩しやすいです。

気温や環境の変化にも敏感なため、慣れるまで何かしらの症状が出ることがあります。

我が家の柴犬は、初めて家に来たときから2か月間近く下痢が続いていました。

 

また、子犬は細菌に感染しやすく、関節も弱いので激しい運動をすると骨折する恐れもあります。

子犬の頃は、飼い主さんにとっても根気がいる時期だと思いますが、愛犬のために健康管理を怠らないようにしましょう。

 

症状がすぐに悪化する

子犬は免疫力が弱いため、病気にかかるとすぐに悪化してしまいます。

ですので、病気にかからないよう注意することが大切です。

日頃から、食欲はあるか、うんちやおしっこに異常がないかなど、よく観察しましょう。

 

また、見落としがちなのが骨の異常です。

骨に異常があると、成長に影響してしまうことがあるので気をつけましょう。

グルーミングをしたときに、子犬が嫌がるところがあれば、そこが痛いのかもしれません。

異常がある場合は、動物病院に連れて行きましょう。

 

口に入ると危険なものは片付ける

子犬って、何でも口に入れて飲み込んでしまいますよね。

これは、好奇心が旺盛な証しなのですが、飲み込んでしまったものによっては危険な事故につながりかねません。

 

よく耳にするのは「電気コードをかんで、感電してしまった」という事故です。

電気コードだけでなく、犬の口に入る大きさのものは危険です。

犬が届かないところに置くなど、工夫をしましょう。

 

 - 健康管理

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

シニア犬の飼い主として注意すること

シニア犬になると、足腰が弱くなったり反応も鈍くなるので若い頃のように動けなくなり …

柴犬は部分的なトリミングでOK

柴犬は短毛種のため、全身の毛をカットするトリミングはしなくてOKです。 ただ、足 …

自分の尻尾を追いかけ回すのはストレスのせいかも?

我が家の柴犬は、時々自分の尻尾を追いかけ回しています。 「どうして自分の尻尾を追 …

ダイエット

太りすぎてしまうと病気になる可能性が高くなります。 「うちの子太ってきたかも?! …

動物病院でできる予防

動物病院に行って、ワクチン接種や予防薬をお願いしましょう。 犬の健康のために、飼 …

ドッグフードを購入するときに気にしたいこと

子犬の頃は、その子に合ったドッグフードを選ぶためにラベルを良く確認するなど、慎重 …

動物病院を選ぶときのポイント

動物病院は、できるだけ自宅から近くて評判のいいところに通いたいというのが飼い主さ …

拾い食い防止のトレーニング

家の中でも、お散歩中でも落ちているものがあれば何でも口に入れてしまう拾い食いのク …

柴犬が日常的に気をつけたい病気

柴犬は、繁殖が上手く行われていますし、日本での生活が体質に適していることから犬種 …

犬が舌を出す理由

犬は、舌をベロンと出していることがありますよね。 今回は、犬が舌を出すのはどんな …