*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

柴犬のストレスサインに気づいて!

      2018/08/07

roar

ストレスが慢性的なものになると、問題行動を起こすだけでなく、免疫機能が低下して下痢などになってしまうこともあります。

そうなる前に、柴犬のストレスサインに気づいてあげましょう。

ここでは、「柴犬のストレスサイン」についてお話したいと思います。

 

犬がストレスを感じるとき

人間と同じように犬もストレスを感じることがあります。

犬はどんなときにストレスを感じるのでしょうか。

代表的な例をご紹介したいと思います。自分の犬に当てはまらないか確認してみましょう。

 

・留守番の時間が長いとき

・かじったり、遊ぶことができないとき

・悪いことをした覚えがないのに怒られてしまうとき

・環境に変化があったとき

・工事の音など、いつも周囲が騒がしいとき

・体が不調なとき

 

思い当たる節がある場合は、できる限り気をつけてあげましょう。

 

ストレスサイン

犬は、ストレスを感じると何らかの形でそれを伝えます。

代表的なストレスサインには、次のようなものがあります。

 

・攻撃的になる

・飼い主を避けようとする

・体を低くする

・耳が後ろに傾く

・白眼が出る

・手汗をかく

・あくびをする

・口元をなめる

・トイレを失敗する

・尻尾が下がる

・体をかく

・体が固まる

・舌を出してハァハァしている

 

この他にも、地面を掘り返す動作をする、自分の尻尾を追いかける、体の同じ場所をなめ続ける、同じ場所をグルグル回り続けるなど意味もなく同じ行動を繰り返すことがあります。

これを常同行動と言いますが、この場合は深刻jなストレスを抱えている可能性があるので、犬の生活を見直す必要があるでしょう。

 

犬は、飼い主さんと触れ合ったり、他の犬と遊ぶことでストレスを軽減することができます。

忙しくても、犬との時間を作りましょう。

また、犬をよく観察して異変やストレスサインを見逃さないようにすることも大切です。

 

 - 健康管理

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

柴犬は部分的なトリミングでOK

柴犬は短毛種のため、全身の毛をカットするトリミングはしなくてOKです。 ただ、足 …

シニア犬の飼い主として注意すること

シニア犬になると、足腰が弱くなったり反応も鈍くなるので若い頃のように動けなくなり …

動物病院での検査

何かしらの症状を抱えて動物病院に行くと、まずは検査を受けることが多いでしょう。 …

愛犬の病気を早期発見するために

もし、愛犬が病気にかかってしまったとしても早期発見であれば治療ができたり、進行を …

トイレシーツを大量に食べてしまうと命にかかわることもある

  我が家の柴犬は、お留守番中などにトイレシーツをビリビリに嚙みちぎっ …

子犬の健康管理

心身共に健康的な成犬になるには、子犬の時期の健康管理がとても大切です。 飼い主と …

愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う行動の変化~

前回の記事では、“愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う体の変化~”という …

動物病院でできる予防

動物病院に行って、ワクチン接種や予防薬をお願いしましょう。 犬の健康のために、飼 …

自分の尻尾を追いかけ回すのはストレスのせいかも?

我が家の柴犬は、時々自分の尻尾を追いかけ回しています。 「どうして自分の尻尾を追 …

かかりつけの動物病院はある?

急に異常が出たときなど、すぐに連れて行けるようになるべく近くの動物病院を1つは決 …