*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

動物病院でできる予防

      2018/08/07

20080619 Are there Urushihara , Hamuteru, Nikaido, Hishinuma, Chobi there?

動物病院に行って、ワクチン接種や予防薬をお願いしましょう。

犬の健康のために、飼い主として予防することが大切です。

 

ワクチン接種

ワクチン接種を毎年行うことで、犬が感染しやすい病気を防ぐことができます。

犬が1歳以上になったらワクチンの接種は1年に1回で十分ですが、生後初めてのワクチン接種は3回行います。

これは、生後間もない犬はワクチンの効果が得られにくいためです。

 

<参考>

予防接種と蓄犬登録

ワクチンで予防できる犬の病気

 

狂犬病予防接種

狂犬病は、人畜共通伝染病です。

現在、日本では撲滅されていますが、世界中では未だに発症している伝染病です。

 

中には、海外から持ち込まれる動物もいるため、狂犬病が撲滅された日本でも年1回の狂犬病予防接種が法的に義務付けられています。

生まれて初めての狂犬病予防接種は、3回目のワクチンが終わったあと生後91日以降から受けることができます。

 

日本での狂犬病発症は1957年が最後ですが、発症している国がある限り油断は禁物です。

狂犬病の犬に噛まれてしまうと人にも感染し、発症後は100%死亡します。

必ず、予防接種を受けましょう。

 

フィラリアの予防薬

犬と猫には、「フィラリア症」という感染症があります。

蚊の媒介で感染し、寄生虫が心臓や肺の血管内に寄生してしまうのだとか・・・。

進行すると臓器不全で死に至る怖い感染症です。

動物病院で相談をして、予防薬で予防しましょう。

 

一般的にはフィラリアの予防薬を服用するのは4月~12月までで、毎月1回服用します。

その為、1月~3月に「フィラリアの予防をしたいです」と病院に相談しに行ったとしても、「4月からにしましょう」となる可能性が高いです。

 

ノミ、マダニの予防薬

犬や猫の皮膚にはノミ、マダニが寄生しやすく、それが繁殖してしまうこともあります。

犬がかゆくならないうちに予防が必要です。

かかりつけの動物病院などで、予防薬について詳しく相談してみましょう。

 

 - 健康管理

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

愛犬の病気を早期発見するために

もし、愛犬が病気にかかってしまったとしても早期発見であれば治療ができたり、進行を …

愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う行動の変化~

前回の記事では、“愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う体の変化~”という …

柴犬は痴呆になりやすいって本当?

犬の寿命が延びている現代。 高齢犬に起こる問題のひとつが“痴呆”です。 痴呆は、 …

この果物は犬が食べても平気?~少量なら与えてもOKな果物編~

  我が家で飼っている柴犬は、飼い主が食事をしているテーブルの下で“お …

栄養バランス

愛犬には、健康で長生きしてもらいたいですよね。 そのためには、犬にとってバランス …

柴犬の換毛期

現在、換毛期真っ只中ではないでしょうか? 我が家の柴犬も5月の中旬頃から春の換毛 …

拾い食い防止のトレーニング

家の中でも、お散歩中でも落ちているものがあれば何でも口に入れてしまう拾い食いのク …

マッサージ

マッサージは、犬と飼い主のコミュニケーションツールだけではなく、健康管理をする上 …

ドッグフードを購入するときに気にしたいこと

子犬の頃は、その子に合ったドッグフードを選ぶためにラベルを良く確認するなど、慎重 …

犬が涙を流すのは悲しいからではない?!

特に、目の大きな犬は涙を流すことがあります。 そんなときは、「悲しいの?(&gt …