*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

避妊と去勢

      2018/08/07

A lazy Shiki and Hoshi Shibamas

避妊・去勢手術には、犬にとってメリットとデメリットがあります。

飼い主さんは家族とよく話し合って決断しましょう。

 

避妊手術

メスの避妊手術では、全身麻酔をかけて開腹し、卵巣と子宮を摘出します。

数日間入院して、手術後1~2週間で抜糸です。

 

メスの初めての発情期(ヒート)は、生後6か月~10か月頃にくるので、避妊する場合は生後6か月頃に手術を行ったほうがよいでしょう。

柴犬のヒート中の出血はあまり目立たないようですが、半年に1回、2~3週間の出血があります。

 

避妊手術の費用は3~5万円ほどです。

お近くの動物病院でお確かめください。

 

【メリット】

・発情期(ヒート)がなくなるので、飼い主さんにとっても犬にとってもストレスがなくなります。

・子宮がんなどかかりにくくなります。

 

【デメリット】

・手術は麻酔をかけて行うので、リスクがないわけではありません。

・避妊手術を受けると、太りやすい体質になります。

 

去勢手術

オスの去勢手術では、睾丸を摘出します。

手術後は1泊する場合が多いですが、日帰り手術も可能のようです。

抜糸はメスと同じく、手術後1~2週間後に行います。

 

去勢手術をしたオスは、メスの匂いを嗅ぎつけて脱走したり、発情期のメスに会っても興奮しなくなります。

その為、ストレスは軽減するでしょう。

 

【メリット】

・前立腺などの病気を予防することができます。

・マーキングをあまりしなくなります。

・攻撃性が軽減します。

 

【デメリット】

・手術は麻酔をかけて行うので、リスクがないわけではありません。

・去勢手術を受けると、太りやすい体質になります。

 

このように、避妊・去勢手術にはメリットとデメリットがありますが、病気予防のために手術をお考えの場合は、子犬のうち(生後6か月頃~)に済ませたほうがよいでしょう。

 

 - 健康管理

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

拾い食い防止のトレーニング

家の中でも、お散歩中でも落ちているものがあれば何でも口に入れてしまう拾い食いのク …

愛犬の病気を早期発見するために

もし、愛犬が病気にかかってしまったとしても早期発見であれば治療ができたり、進行を …

手作りごはん

ドッグフードのように栄養バランス優れているご飯を作るのは結構難しいことですが、誕 …

犬の中毒について

身の回りには、人間には害がなくても犬にとっては有害なものが存在します。 犬が口に …

かかりつけの動物病院はある?

急に異常が出たときなど、すぐに連れて行けるようになるべく近くの動物病院を1つは決 …

シニア犬の飼い主として注意すること

シニア犬になると、足腰が弱くなったり反応も鈍くなるので若い頃のように動けなくなり …

栄養バランス

愛犬には、健康で長生きしてもらいたいですよね。 そのためには、犬にとってバランス …

この果物は犬が食べても平気?~食べられるが注意が必要な果物編~

果物が好きな柴犬を飼っている方、多いのではないでしょうか。 我が家の柴犬も、バナ …

愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う体の変化~

「最近、足腰が弱ってきたなー」などと愛犬の体に変化を感じることがあれば、それはシ …

犬を飛行機に乗せるときに知っておきたいこと

犬を連れての旅行や、仕事上(転勤に伴う引越しなど)の理由で、愛犬が飛行機を利用す …