*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

ダイエット

      2018/08/07

DSC_0491

太りすぎてしまうと病気になる可能性が高くなります。

「うちの子太ってきたかも?!」と思ったら、健康のためにダイエットを始めましょう。

 

肥満は病気の原因

肥満が原因で内臓や足腰などに負担がかかり、病気にかかりやすくなってしまいます。

柴犬は活発でよく動く犬ですが、室内飼いだと運動不足になりがちです。

散歩に行ったり、おやつを与えすぎなければ太らないと思いますが、もし「太ってきたな」と感じたら、食事と運動に気を遣いましょう。

また、普段から体重を測る習慣をつけておくとよいでしょう。

 

柴犬の体つきはもともと引き締まっています。

お腹がポッコリしてウエストがきゅっとしなくなったら肥満です。

飼い主として健康管理をしましょう。

 

ダイエット方法

太ってしまったら犬の健康のためにダイエットをする必要がありますが、犬自身は「ダイエットしなきゃ~」なんて考えません。

ダイエットを成功させるためには飼い主さんの力が不可欠です。

犬が太ってしまう原因の多くは、ドッグフードやおやつの過剰摂取です。

おやつをあげると喜ぶからと言って、ついあげすぎてしまっていませんか?

犬の健康のためにも、あげすぎない努力をしましょう。

 

【食事を摂るときのポイント】

①ダイエットフードに切り替える方法

理想体重より大幅に太ってしまったら、ダイエットフードに切り替えましょう。

フードの量は変わらないので、無理なくダイエットできます。

 

②いつものドッグフードの量を減らす方法

ドッグフードの量を少なくする分、ヘルシーな野菜を細かく刻んで混ぜてあげてもいいでしょう。

野菜でかさ増ししているので、犬にとっても負担は少ないはずです。

 

③食事の回数を増やす方法

1回の食事の量は少ないけれど、1日の食事の回数は多いので、犬は「今日は何回も食事が食べられるな~」と満足するでしょう。

ただ、1日に食べていい分量をこえてはいけません。きちんと計算した量の食事を与えましょう。

 

また、ダイエットには運動も欠かせません。

散歩する時間を徐々に増やして行きましょう。

 

 - 健康管理

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

柴犬は部分的なトリミングでOK

柴犬は短毛種のため、全身の毛をカットするトリミングはしなくてOKです。 ただ、足 …

動物病院でできる予防

動物病院に行って、ワクチン接種や予防薬をお願いしましょう。 犬の健康のために、飼 …

犬が涙を流すのは悲しいからではない?!

特に、目の大きな犬は涙を流すことがあります。 そんなときは、「悲しいの?(&gt …

愛犬の病気を早期発見するために

もし、愛犬が病気にかかってしまったとしても早期発見であれば治療ができたり、進行を …

トイレシーツを大量に食べてしまうと命にかかわることもある

  我が家の柴犬は、お留守番中などにトイレシーツをビリビリに嚙みちぎっ …

犬を飛行機に乗せるときに知っておきたいこと

犬を連れての旅行や、仕事上(転勤に伴う引越しなど)の理由で、愛犬が飛行機を利用す …

柴犬のストレスサインに気づいて!

ストレスが慢性的なものになると、問題行動を起こすだけでなく、免疫機能が低下して下 …

愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う行動の変化~

前回の記事では、“愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う体の変化~”という …

ワクチンで予防できる犬の病気

ワクチンは、病原性を弱めた病原体(病原性をなくした病原体)をわざと接種して免疫を …

この果物は犬が食べても平気?~犬が食べると害のある果物編~

果物好きの柴犬は多いことでしょう。 しかし、果物によっては犬が食べると体に害のあ …