*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

ドッグフードとおやつ

      2018/08/07

DSC_0017.JPG

犬の健康に関わってくるドッグフードやおやつ。

どんなものを選べばよいのでしょうか。

 

ドッグフード

ドッグフードは犬の主食です。

おやつタイプのものだけでは栄養バランスが偏ります。

健康を維持するために必要な栄養がバランスよく配合されている「総合栄養食」のドッグフードを選びましょう。(パッケージに「総合栄養食」と書いてあります。)

 

ドッグフードには缶詰タイプ、フリーズドライタイプ、レトルトなどの種類がありますが、おすすめはドライタイプです。

値段がお手頃ということもありますが、ドライタイプは固いので歯石予防に効果的です。

 

また、ドッグトレーナーの方に聞いたお話ですと、震災などのときはドライタイプのドッグフードが与えられるので、普段からドライタイプに慣れておいたほうがいいそうです。

子犬用、成犬用、シニア用、減量用など種類がわかれているので、犬の身体に合ったドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

おやつ

栄養バランス的には、「総合栄養食」のドッグフードを食べていればおやつは与える必要ありません。

おやつは、しつけができたときのごほうびなどとして与えましょう。(おやつを食べたときはドッグフードを少し減らしてOK。)

柴犬は体質的に太りやすいので、そのくらいがちょうどいいです。

 

犬のおやつは人間が食べるおつまみに似ているものもありますが、人間のものは塩分や脂肪が多めなので与えないでください。

健康を害してしまうこともあります。

 

柴犬は特にお腹が弱く、中毒を起こしやすい犬種です。

飼い主さんは愛犬の健康を第一に考え、犬用のおやつを食べさせるようにしましょう。

 

 - 健康管理

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

成長段階によって気をつけたい柴犬の食事

皆さんよくご存知のとおり、日々の食事が愛犬の体をつくっています。 適切な食事を与 …

犬を飛行機に乗せるときに知っておきたいこと

犬を連れての旅行や、仕事上(転勤に伴う引越しなど)の理由で、愛犬が飛行機を利用す …

愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う体の変化~

「最近、足腰が弱ってきたなー」などと愛犬の体に変化を感じることがあれば、それはシ …

手作りごはん

ドッグフードのように栄養バランス優れているご飯を作るのは結構難しいことですが、誕 …

体は異常なし!でも犬のオシッコの回数が増えたのは何故?!

  我が家の柴犬は現在2歳を過ぎましたが、1歳半頃から急に1日のオシッ …

動物病院での検査

何かしらの症状を抱えて動物病院に行くと、まずは検査を受けることが多いでしょう。 …

毎日の健康チェック

  犬の健康管理をするのは飼い主さんの役目です。 毎日、犬と触れ合って …

この果物は犬が食べても平気?~犬が食べると害のある果物編~

果物好きの柴犬は多いことでしょう。 しかし、果物によっては犬が食べると体に害のあ …

愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う行動の変化~

前回の記事では、“愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う体の変化~”という …

愛犬の病気を早期発見するために

もし、愛犬が病気にかかってしまったとしても早期発見であれば治療ができたり、進行を …