*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

子犬を迎えるタイミング

      2018/08/07

小柴犬

「柴犬を飼う」と決めたのはいいですが、タイミング的にはいつがいいのでしょうか。

今回は、柴犬を迎えるベストタイミングについてお話したいと思います。

 

子犬を迎える時期

子犬を飼うと決めたら、迎える時期は生後2~3か月以降がいいでしょう。

子犬は、親犬やきょうだい犬と一緒に過ごすことで様々なことを学び、社会性を身につけていきます。

その為、生後2か月になる前に迎えてしまうと社会性が身についていないことがほとんどで、噛む加減が強かったり吠えてばっかりいるそうです。

トレーニングで社会性を身につけることもできますが、できれば生後2~3か月になるまで迎えるのは待った方がいいでしょう。

 

また、ペットショップの店員さんの話によると生後5か月頃になると子犬の反抗期が始まるそうです。

それを考えると、生後5か月より早い時期から飼い始めて、飼い主に慣れさせておいた方がしつけもしやすいのではないかと思います。

 

家族のスケジュールを確認する

子犬を迎い入れる日は、午前中にお迎えに行けて、飼い主が一日家にいられる日を選びましょう。

なぜかというと、できるだけ目をかけて新しい環境や家族に慣らすことが大切だからです。

 

我が家の子犬も迎い入れた日は不安そうで、食いしん坊のくせにエサも残していました。

人間も環境が変わると緊張したり不安になりますよね。

子犬も同じです。迎い入れる日は、そばにいてあげられるようにしてください。

子犬を迎える日は、家族のスケジュールも考慮してから決めましょう。

 

よろしければ「子犬を迎える日」について詳しく書いている記事もご覧ください♪

また、「子犬を迎える準備」では、必要な飼育グッズなどについて書いています。

ご参考になればと思います。

 

 - 子犬との出会い

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

オスとメスの違い

子犬を飼うときに、オスとメスどちらを選びますか? 一般的にはメスの方が飼いやすい …

子犬と出会う方法

子犬と出会うには、ペットショップか子犬を繁殖しているブリーダーから直接購入するの …

犬を飼う前に~最期までお世話ができるか考える~

  現在、獣医療の発展や食事などにより、犬は10年~20年ほど生きるこ …