*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

柴犬がかかりやすい病気~「皮膚病」~

      2018/08/07

DSC_0068.JPG

 

柴犬は病気にかかりにくく、平均寿命も長い犬種です。

しかし、皮膚が弱いために皮膚病にかかりやすい犬種でもあります。

ここでは、いくつかある皮膚病の種類についてお話したいと思います。

 

アレルギーによる皮膚病

犬も人間と同じように、もともとアトピー体質だったり、特定の食べ物が原因で皮膚病を発症することがあります。

 

アトピー アレルゲン(アレルギーの原因となっている物質)を吸い込むことで発症してしまいます。
アレルゲンは、ノミ・ダニの他、ハウスダストなどですが、これらを完全に排除することは難しいです。
動物病院で薬を処方してもらい、部屋を常に清潔にしておきましょう。
アトピーの場合、足先、口周り、耳、目、四肢の付け根などに赤みが出てきて、ひどくかゆがります。
食べ物が原因のアレルギー アレルギーの原因となる食べ物を食べてしまうと、顔のかゆみに加えて下痢、嘔吐、発熱などの症状が出る場合があります。
症状はすぐにおさまることが多いですが、同じ繰り返しをしないために、その食べ物を特定することが重要です。

 

ホルモン異常による皮膚病

毛ヅヤが悪いときや脱毛しているときなどは、ホルモン異常による皮膚病の可能性があります。

ただ、ホルモン異常による脱毛の場合、かゆみがないため見極めが難しいでしょう。

 

ホルモン性皮膚炎 体の特定の部分が脱毛してきます。
性ホルモンが原因の場合は生殖器周辺の毛が脱毛するなど、原因となっているホルモンによって脱毛する部分は異なります。
特に、4~5歳以上のときに脱毛すると、ホルモン異常による皮膚病の可能性が高いでしょう。
甲状腺機能低下症 甲状腺の機能が低下することによって発症します。
毛ヅヤがなくなり、胴体の両側が脱毛していきます。

 

寄生虫・カビによる皮膚病

犬の体に、寄生虫やカビが附着して皮膚病を発症してしまうことがあります。

 

マラセチア マラセチア菌というカビの一種が増殖することで発症します。
マラセチア菌は通常、寄生していても問題ないのですが、増殖することで皮膚病に至ります。
マラセチア菌は耳の中で繁殖するので、耳のケアを怠らないようにしましょう。
また、足先などを頻繁に舐めているとマラセチアになる可能性が高いので注意が必要です。
マラセチア菌を増殖させないためには、食生活で脂肪の多いものを控え、肥満にならないようにしましょう。
皮膚糸状菌症 カビの一種である糸状菌が感染することで発症します。
症状の特徴としては、1~4cmほどの円形脱毛が起こります。
感染源は、土からの自然感染の他、ブラシなどに菌が附着していて、それを使用することで感染することが多々あります。

 

自己免疫疾患による皮膚病

自己免疫とは、体内に入ってきたウイルスや細菌を攻撃するものですが、何らかの異常で自己免疫が自らの体に対して攻撃をしてしまうことがあります。これが、“自己免疫疾患”です。

そして、自己免疫疾患が原因で皮膚病になることがあります。

 

フォークト-小柳-原田病様症候群
(ぶどう膜皮膚症候群)
3歳くらいまでに発症することの多い病気です。
免疫異常のため、メラニン細胞に障害が起こり、皮膚だけでなく眼の異常も見られます。

 

 

皮膚病は、他の病気と比べて軽く考えられがちですが、犬にとってはストレスを伴う病気です。

私たち人間も、常にかゆい状況が続くとイライラしますよね。

アレルギー性の皮膚病の場合は、完全に完治させるというのは難しいですが、部屋を清潔にして薬による治療をするなど、飼い主としてできる限りのことをしてあげましょう。

また、原因のはっきりとした皮膚病の場合は、薬物で治療ができるので、まずは動物病院に相談して原因を突き止めることから始めてみましょう。

 

※柴犬がかかりやすい病気には、次のようなものもあります。参考にして頂ければと思います。

柴犬がかかりやすい病気~「先天性心疾患」~

柴犬がかかりやすい病気~「膝蓋骨脱臼」~

 

 - 柴犬の病気とケガ

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

柴犬がかかりやすい病気~「先天性心疾患」~

犬種によって、かかりやすい病気は異なります。 その主な理由には、身体的な特徴や遺 …

体は異常なし!でも犬のオシッコの回数が増えたのは何故?!

  我が家の柴犬は現在2歳を過ぎましたが、1歳半頃から急に1日のオシッ …

人畜共通感染症に注意する

「動物から人へ、あるいは人から動物へ病気が感染すること」をWHO(世界保健機構) …

愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う体の変化~

「最近、足腰が弱ってきたなー」などと愛犬の体に変化を感じることがあれば、それはシ …

健康維持の秘訣

病気やケガをしないに越したことはありませんが、犬は人間と同じで生き物です。いつか …

処方された薬を与えるときの注意点

人間と同様、犬が病気になったときも薬での治療は必須です。 大切な飼い犬のために、 …

ペットと人間の共通感染症

ズーノーシス(人畜共通感染症)にならない方法を知って、ペットと人間が安全に暮らせ …

柴犬がかかりやすい病気~「膝蓋骨脱臼」~

犬種によって、かかりやすい病気は異なります。 その主な理由には、身体的な特徴や遺 …

動物病院での検査

何かしらの症状を抱えて動物病院に行くと、まずは検査を受けることが多いでしょう。 …

犬が涙を流すのは悲しいからではない?!

特に、目の大きな犬は涙を流すことがあります。 そんなときは、「悲しいの?(&gt …