*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

頭を振る回数が増えた愛犬・・・それは耳の病気が原因かも?!

      2018/08/07

Shiba inu

最近、我が家の柴犬は歩くときに顔が左に傾き、頭を振る回数が異様に増えました。

これはおかしい・・・と思い動物病院に連れて行ったところ、診察では異常が見つかりませんでしたが、もしかしたら耳の奥の方で炎症を起こしている可能性がある、とのこと。

 

そんなわけで、耳のかゆみを抑える飲み薬を頂いて帰って来ましたが、このように、顔がどちらかに傾いたり、頭を頻繁に振るようになったり、耳を掻く行動が増えたときは耳の病気が疑われます。

症状がひどくなると、顔が傾いてしまった側にゴロンと倒れてしまい立っていられなくなってしまうこともあるので、そうなる前に異変に気づいてあげましょう。

また、耳が臭かったり、いつもは耳を触っても平気なのに嫌がる場合はすぐに動物病院を受診させてください。

 

耳の病気

【外耳炎】

細菌、異物、アレルギー、耳あかなどによって外耳道が炎症します。

耳からの悪臭、ベトベトな黒い耳あかが出ます。

 

【中耳炎】

外耳よりもっと中側にある中耳に炎症を起こします。

中耳炎は、熱が出ることもあります。

また、耳が痛むので、触られると嫌がるでしょう。

 

【内耳炎】

内耳は耳の一番奥にあり、それが炎症するものです。

内耳炎にかかると、難聴になってしまう可能性もあります。

 

【耳ダニ感染症】

耳ダニ感染症は、特に子犬がかかりやすい病気です。

犬から犬に感染するので、注意が必要です。

「ミミヒゼンダニ」という耳の中に寄生するダニが原因で、感染すると、とてもかゆくて黒い耳あかがたまります。

 

耳のお手入れをするときの注意点

柴犬の耳はピンッと立っているので、蒸れにくいですが耳あかはたまります。

週に1度を目安に、耳のお手入れをしてあげましょう。

 

ただ、お手入れをするときに注意しなければならないことがあります。

まずひとつめは、「耳のお手入れは飼い主さんの目で見えるところまでにする」ということです。

目に見えない耳の奥まで綿棒などを入れてしまうと、耳を傷つけ、汚れが耳奥に入っていってしまいます。

飼い主さんが耳のお手入れをする場合は、見えるところまでを行いましょう。

 

もうひとつは、「イヤーローションは直接耳に入れない」ということです。

イヤーローションはコットンに付けてから、汚れを拭き取るようにしましょう。

 

 - 柴犬の病気とケガ

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

柴犬が日常的に気をつけたい病気

柴犬は、繁殖が上手く行われていますし、日本での生活が体質に適していることから犬種 …

その他の病気

柴犬が気をつけたい病気は他にもあります。 飼い主さんは注意してあげましょう。 & …

トイレシーツを大量に食べてしまうと命にかかわることもある

  我が家の柴犬は、お留守番中などにトイレシーツをビリビリに嚙みちぎっ …

犬の中毒について

身の回りには、人間には害がなくても犬にとっては有害なものが存在します。 犬が口に …

消化器系、泌尿器系、呼吸器系の病気

ここでは、「消化器系」、「泌尿器系」、「呼吸器系」の病気についてお話します。 & …

寄生虫

犬も猫も、寄生虫が原因で病気を発症することがあります。 犬が気をつけたい寄生虫は …

柴犬がかかりやすい病気~「皮膚病」~

  柴犬は病気にかかりにくく、平均寿命も長い犬種です。 しかし、皮膚が …

ケガをしたときの応急処置

活発な柴犬のことですから、外に遊びに行ったとき、また家の中でもケガをしてしまうこ …

健康維持の秘訣

病気やケガをしないに越したことはありませんが、犬は人間と同じで生き物です。いつか …

体は異常なし!でも犬のオシッコの回数が増えたのは何故?!

  我が家の柴犬は現在2歳を過ぎましたが、1歳半頃から急に1日のオシッ …