*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

柴犬がかかりやすい病気~「先天性心疾患」~

      2018/08/07

Trèfle "Trifolium bifidum" @Mon jardin

犬種によって、かかりやすい病気は異なります。

その主な理由には、身体的な特徴や遺伝的な体質が関係しているそうです。

今回は、柴犬がかかりやすい病気のひとつである「先天性心疾患」についてお話したいと思います。

 

生まれつきの病気

先天性心疾患は、生まれつきの心臓奇形です。

数百頭に1頭の割合で、この病気を持って生まれてきます。

 

先天性心疾患が重度の場合は、生まれて間もなく死んでしまう子もいます・・・。

ですが、軽度の場合、生き残ることができる病気です。

 

病気の発覚

先天性心疾患は、聴診器を当てると心音に雑音が混じります。

その為、飼い始めて最初に動物病院に連れて行ったときに発覚することが多いそうです。

 

「いつも元気がない」、「舌や唇が紫色になる」、「発育が悪い」などは、先天性心疾患によく見られる症状です。

放っておくと死に至る可能性が高い病気なので、様子がおかしいと思ったらすぐに動物病院に連れて行きましょう。

 

治療方法

「心疾患ってことは、心臓手術するのかな?」と思ってしまいますが、犬にとって心臓手術は一般的ではないようです。

ですので、治療は食事療法と内科療法が基本となります。

 

先天性心疾患を持っていても、普通に生活することは可能です。

ただ、そのためには「心臓の薬を飲む」、「激しい運動をさせない」、「太らせない」ということが必要になってきます。

犬は健康管理ができないので、飼い主さんが気をつけてあげるようにしましょう。

 

 - 柴犬の病気とケガ

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

人畜共通感染症に注意する

「動物から人へ、あるいは人から動物へ病気が感染すること」をWHO(世界保健機構) …

頭を振る回数が増えた愛犬・・・それは耳の病気が原因かも?!

最近、我が家の柴犬は歩くときに顔が左に傾き、頭を振る回数が異様に増えました。 こ …

健康維持の秘訣

病気やケガをしないに越したことはありませんが、犬は人間と同じで生き物です。いつか …

“ハウス無し”で育った犬は分離不安症になりやすい?

ハウスのないワンちゃんが、皆「分離不安症」になるかと言ったらそうではありません。 …

その他の病気

柴犬が気をつけたい病気は他にもあります。 飼い主さんは注意してあげましょう。 & …

ケガをしたときの応急処置

活発な柴犬のことですから、外に遊びに行ったとき、また家の中でもケガをしてしまうこ …

処方された薬を与えるときの注意点

人間と同様、犬が病気になったときも薬での治療は必須です。 大切な飼い犬のために、 …

柴犬が日常的に気をつけたい病気

柴犬は、繁殖が上手く行われていますし、日本での生活が体質に適していることから犬種 …

体は異常なし!でも犬のオシッコの回数が増えたのは何故?!

  我が家の柴犬は現在2歳を過ぎましたが、1歳半頃から急に1日のオシッ …

ペットと人間の共通感染症

ズーノーシス(人畜共通感染症)にならない方法を知って、ペットと人間が安全に暮らせ …