*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

人畜共通感染症に注意する

      2018/08/07

Entrants in Shibapalooza 2010's Tallest Male Contest

「動物から人へ、あるいは人から動物へ病気が感染すること」をWHO(世界保健機構)ではズーノーシス(Zoonosis)と表現していますが、日本では、人畜共通感染症、ペット感染症などと呼んでいます。(厚生労働省では、動物由来感染症という呼び方をしています。)

有名な人畜共通感染症には、「BSE(牛海線状脳症)」や「高病原性鳥インフルエンザ」があります。

今回は、人畜共通感染症の予防法についてお話したいと思います。

 

人畜共通感染症の原因

人畜共通感染症を予防するためには、まず普段の生活の中で次のようなことができているか、あるいはしていないかチェックしてみましょう。

 

・ワクチン接種、狂犬病の予防接種はしていますか?

・ペットの居住場所を清潔にしていますか?

・排泄物は速やかに片付けていますか?

・ノミやダニ対策、定期駆虫をしていますか?

・ペットと触れ合った後に、必ず手洗いをしていますか?

・爪切りは定期的にしていますか?

・お散歩の後、ペットの足を洗っていますか?

・お散歩中の排泄物を持ち帰っていますか?

・ペットがネズミやゴキブリなどを口にしていませんか?

・お散歩中、ペットが他の排泄物や異物を口にしないよう注意して見ていますか?

・ペットに口を舐められたり、人間の箸や口移しでエサを与えていませんか?

・ベッドや布団で一緒に寝ていませんか?

 

皆さんは当てはまる項目がありましたか?

これらの行動が人畜共通感染症の原因となる場合があるので、くれぐれも気をつけましょう。

 

ペットとの関わり方

「ペットから病気が感染するのではないか」と不安に感じる方もいるでしょう。

確かに、ペットが無症状でも人間に感染すると症状が出る病気が多いのは事実としてあります。

 

しかし、人間にうつるのは稀でほとんどの人畜共通感染症は正しくペットと関わっていれば防ぐことができます。

そのためには、やはり前項でもお話したことを守ることが大切です。

ペットは可愛くて仕方ないと思いますが、過度な接触はやめましょう。

また、もし飼い主さんが不調を感じて病院に行く場合はペットが原因の可能性も否めないので、ペットを飼っていることを医師に伝えるようにしましょう。

 

主な人畜感染症は、「ペットと人間の共通感染症」の記事をご覧ください。

 

 - 柴犬の病気とケガ

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

頭を振る回数が増えた愛犬・・・それは耳の病気が原因かも?!

最近、我が家の柴犬は歩くときに顔が左に傾き、頭を振る回数が異様に増えました。 こ …

処方された薬を与えるときの注意点

人間と同様、犬が病気になったときも薬での治療は必須です。 大切な飼い犬のために、 …

柴犬が日常的に気をつけたい病気

柴犬は、繁殖が上手く行われていますし、日本での生活が体質に適していることから犬種 …

トイレシーツを大量に食べてしまうと命にかかわることもある

  我が家の柴犬は、お留守番中などにトイレシーツをビリビリに嚙みちぎっ …

柴犬がかかりやすい病気~「先天性心疾患」~

犬種によって、かかりやすい病気は異なります。 その主な理由には、身体的な特徴や遺 …

愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う行動の変化~

前回の記事では、“愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う体の変化~”という …

季節によって注意したい体のトラブル

季節によって、かかりやすい病気は違ってきます。 特に柴犬は皮膚が弱いので、季節の …

柴犬がかかりやすい病気~「皮膚病」~

  柴犬は病気にかかりにくく、平均寿命も長い犬種です。 しかし、皮膚が …

犬が涙を流すのは悲しいからではない?!

特に、目の大きな犬は涙を流すことがあります。 そんなときは、「悲しいの?(&gt …

骨・関節、皮膚の病気

ここでは、柴犬がかかりやすい「骨・関節」と「皮膚」の病気についてお話します。 & …