*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

その他の病気

      2018/08/07

azuki at 11 months

柴犬が気をつけたい病気は他にもあります。

飼い主さんは注意してあげましょう。

 

分離不安症候群

飼い主さんへの依存心が強い犬は、家の中でひとりぼっちになると吠え続けたり、トイレで排泄できなかったり、体の特定された部分をなめ続けるなど異常な行動をします。

これは、不安感でいっぱいになってしまうからです。

 

不安感が強い犬になってしまったのは、生後間もない頃に親やきょうだいと十分な時間を過ごせなかったこと、飼い主さんが甘やかしてしまったことが原因だと言われています。

せめて、生後2か月までは親やきょうだいと生活をさせて社会性が身につくようにしましょう。

また、飼い主さんは可愛いからと言って甘やかしていては犬のためになりません。自立心のある犬に育つよう子犬の頃からしつけをきちんとしましょう。

 

熱中症

日差しの強い場所、夏にエアコンなしの室内で過ごすのは犬にとっても危険です。

また、過度な運動をすること、ドライヤーを高温で使うことも熱中症になる恐れがあります。

 

人間は汗をかいて体温調節をしていますが、犬には人間のような汗腺が少ないため口から熱を放熱して体温を調節しています。

ですから、犬が舌を出して「はぁはぁ」して呼吸が早いときは必ず水分補給をさせてください。

暑い場所にいるときは、涼しいところに移動することも大切です。

 

重症化すると脱水症状を起こし、ひどいときには死ぬこともあるので要注意です。

 

ネギ中毒

ネギや玉ねぎを犬が食べると中毒を引き起こします。

特に柴犬は他の犬種よりもネギや玉ねぎに弱いので、ハンバーグやすき焼きの汁を接種しただけでも中毒になってしまった子が実際にいるそうです。

 

食べてしまった量が少しだとしても、すぐに動物病院に連れて行ったほうがよいでしょう。

症状としては、赤い尿が出ることがあります。

 

肥満細胞腫

ひと言で言うと、腫瘍です。

8歳以上の犬の頭部、頚部、体、足にできやすく、悪性の腫瘍の場合は再発転移する可能性が高いです。

症状としては、食欲不振、嘔吐、下痢、微熱、水を飲む量が多くなったなどが出てきます。

 

肥満は様々な病気の原因となります。

免疫力も低下してくるので腫瘍にもなりやすいそうです。

普段から、肥満にならないよう食事や運動に気をつけましょう。

 

 - 柴犬の病気とケガ

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

柴犬がかかりやすい病気~「皮膚病」~

  柴犬は病気にかかりにくく、平均寿命も長い犬種です。 しかし、皮膚が …

頭を振る回数が増えた愛犬・・・それは耳の病気が原因かも?!

最近、我が家の柴犬は歩くときに顔が左に傾き、頭を振る回数が異様に増えました。 こ …

人畜共通感染症に注意する

「動物から人へ、あるいは人から動物へ病気が感染すること」をWHO(世界保健機構) …

ケガをしたときの応急処置

活発な柴犬のことですから、外に遊びに行ったとき、また家の中でもケガをしてしまうこ …

動物病院での検査

何かしらの症状を抱えて動物病院に行くと、まずは検査を受けることが多いでしょう。 …

柴犬が日常的に気をつけたい病気

柴犬は、繁殖が上手く行われていますし、日本での生活が体質に適していることから犬種 …

自分の体をなめ続けるのはナゼ?

皆さんの愛犬は、自分の体をペロペロとなめていることはありませんか? 犬が自分の体 …

犬の中毒について

身の回りには、人間には害がなくても犬にとっては有害なものが存在します。 犬が口に …

ペットと人間の共通感染症

ズーノーシス(人畜共通感染症)にならない方法を知って、ペットと人間が安全に暮らせ …

“ハウス無し”で育った犬は分離不安症になりやすい?

ハウスのないワンちゃんが、皆「分離不安症」になるかと言ったらそうではありません。 …