*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

“ハウス無し”で育った犬は分離不安症になりやすい?

      2018/08/07

樂樂

ハウスのないワンちゃんが、皆「分離不安症」になるかと言ったらそうではありません。

しかし、分離不安症になる一つの原因として飼育環境が挙げられます。

“ハウス無し”の環境で育った犬は、“ハウス有り”の環境で育った犬に比べて分離不安症になりやすいそうです。

 

分離不安症とは

「その他の病気」の記事でも少し触れましたが、分離不安症とは簡単に言ってしまえば飼い主と離れている時間に耐えられない症候群です。

また、飼い主と離れてひとりぼっちになると問題行動を起こしてしまいます。

その問題行動は、物を破壊する、吠え続ける、足など同じところを舐め続ける、さらには嘔吐や下痢を引き起こすこともあります。

 

分離不安症の症状としては、次のようなものがあります。

・飼い主が出かけるときに吠え始め、落ち着きがなくなる

・小食

・飼い主が帰宅したときなどに、興奮してウレションをしてしまう

・留守中にトイレで排泄ができない

・留守中にイタズラの度合いを超えた破壊をする

・体の足など、特定された部分を舐め続け化膿してしまう

 

足などが化膿してしまったら、最悪、切断しなければならないことだってあります。

愛犬のために「適度な距離」を保ちましょう。

適度な距離が保てていない場合には、飼育環境を見直す必要があります。

 

飼育環境と分離不安症

前項でもお話したとおり、分離不安症は飼い主と離れている時間に耐えられない症候群です。

犬は本来、群れを成して生活する生き物なので確かに独りぼっちは苦手です。

しかし、生まれたときから分離不安症にかかっているわけではありません。

分離不安症にかかってしまう原因は、飼い主さんとの近すぎる距離感や飼育環境によるものです。

 

愛犬と一日中ベッタリ過ごしていませんか?

子犬の頃から、その生活が当たり前の犬は分離不安症になる傾向が強いです。

愛犬と適度な距離を保つために役立つのが、ハウス(ケージ、クレートなど)です。

ハウスで独りで過ごさせる時間を、子犬の頃から設けるようにしましょう。

 

また、飼い主さんが出かけるときや帰宅時に犬に声をかけない、食事や散歩の時間をきっちり決めないなども分離不安症にさせないためには効果的です。

ただ、このような方法は既に分離不安症を引き起こしている犬には逆効果です。

悪化してしまう恐れがあるのでやめましょう。

重度の場合は、しつけで解決できることではないので動物病院に相談するようにしてください。

 

 - しつけ, スキンシップ, 柴犬の病気とケガ

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

「オイデ」のトレーニング

「オイデ」のトレーニングは、愛犬をトラブルから守るために欠かせない指示です。 例 …

インターフォンの音に吠える原因と対策

インターフォンが鳴ると吠えてしまうワンちゃんがいますよね。 ただ、吠えるのには原 …

動物病院での検査

何かしらの症状を抱えて動物病院に行くと、まずは検査を受けることが多いでしょう。 …

柴犬の換毛期

現在、換毛期真っ只中ではないでしょうか? 我が家の柴犬も5月の中旬頃から春の換毛 …

季節によって注意したい体のトラブル

季節によって、かかりやすい病気は違ってきます。 特に柴犬は皮膚が弱いので、季節の …

柴犬と一緒にドッグカフェやショップに行くときの注意点

  最近、犬と一緒に楽しめるドッグカフェやショップが増えてきました。 …

愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う行動の変化~

前回の記事では、“愛犬がシニアに近づいてきたかも?~加齢に伴う体の変化~”という …

犬から信頼される飼い主になるために

家族の中で、旦那様の言うことは聞くけど奥様の言うことは聞かないということはありま …

ケガをしたときの応急処置

活発な柴犬のことですから、外に遊びに行ったとき、また家の中でもケガをしてしまうこ …

犬がアイコンタクトをとるとき

愛犬とアイコンタクトをとっていますか? アイコンタクトは、しつけをする上でとても …