*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

愛犬のボディランゲージを読み取ることができれば、しつけ上手な飼い主になれる?

      2018/08/07

give me that

私たち人間は犬の言葉を理解することはできませんが、当然のことながら犬も人間のように感情を持っていて、その感情を鳴き方やボディランゲージで私たちに伝えています。

その為、飼い主さんは愛犬のボディランゲージを読み取る必要があります。

 

読み取ってあげることができないと、「いつもママは分かってくれない・・・」という感情になり、徐々にボディランゲージをしなくなってしまうのです。

これでは愛犬との会話ができていない状況なので、飼い主さんとの信頼関係も薄れていきます。

信頼関係が薄れてしまっては、しつけも上手くいきません・・・。

 

ここでは、犬のボディランゲージについてお話したいと思います。

愛犬の感情を理解して信頼関係を深め、しつけ上手な飼い主を目指しましょう♪

 

鳴き方や体の部位から分かる感情

【鳴き方】

①「ワンワン」

短く「ワンワンッ!」と鳴くときは、飼い主さんに要求しています。

また、うれしいときもこの鳴き声をすることがあります。

 

② 「ウー」

うなるように「ウー」と鳴くことがあります。

これは、怒っているときや相手を威嚇しているときの鳴き方です。

 

③「キャンキャン」

「キャンキャン」と鳴くのは、怖いときや苦痛を感じているときです。

 

【耳の向き】

何もないときは垂直に立っている耳ですが、感情によって後ろに倒れたり前に倒れたりします。

後ろに倒れるのは、不安なとき、または何かに興味を示したとき、誰かと遊びたいときなどです。

後ろに耳を倒すという動作ひとつで様々なケースがあるので、その場の状況を見て判断しましょう。

また、耳を前に倒すときは相手に攻撃性が高まっている証拠なので注意が必要です。

 

【尻尾の位置】

「尻尾を振っていると犬は喜んでいる」というのはよく聞きますよね。

確かにそうなのですが、尻尾を振っている位置によって犬の感情は異なります。

尻尾を高い位置で振っているときは「飼い主さん大好き」「嬉しい」という感情になっていますが、低い位置で振っているときは「戸惑い」の感情を抱いています。

 

構ってほしいときのボディランゲージ

犬は、飼い主さんに遊んでほしいときや構ってほしいときなどに、次のようなボディランゲージをします。

 

●頭を低く腰をあげ、ピョンピョン跳ねる

→遊んでほしいときにこの動作をします。

 

●お腹を見せる

→服従しているときのポーズですが、飼い主さんに「なでてほしい」という気持ちもあります。

 

●前足で飼い主さんをポンポンと叩く

→飼い主さんに「構って」と言っています。

 

●飼い主さんにかけよる

→飼い主さんにかけよってくるのは、何かをしてほしいときです。

 

●飼い主さんに触れてくる

→ペロペロ舐めてきたり、ボディタッチをしてくるときは甘えたいときです。

 

ボディランゲージに応え、愛犬からの信頼を得られるようにしましょう。

そうすれば、しつけをする際も飼い主さんの言うことを受け入れやすくなります。

 

 - しつけ, スキンシップ, 犬の行動

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

くわえているものを無理やり奪うのはNG?

成長するにつれて、くわえたものを放してくれなくなる犬がいます。(まさにうちの犬が …

愛犬の病気を早期発見するために

もし、愛犬が病気にかかってしまったとしても早期発見であれば治療ができたり、進行を …

他の犬を知らんふりするのはナゼ?

お散歩中、他の犬が近づいて来ようとしても気づかないふりをして、そのまま歩き続ける …

柴犬と一緒にドッグカフェやショップに行くときの注意点

  最近、犬と一緒に楽しめるドッグカフェやショップが増えてきました。 …

「オイデ」のトレーニング

「オイデ」のトレーニングは、愛犬をトラブルから守るために欠かせない指示です。 例 …

犬が人間の子供に噛みつこうとする理由

  「人間の子供が犬に襲われる」というニュースが記憶にあるでしょうか。 …

「クゥーン」と鳴くのはどんなとき?

我が家の犬は、ハウスの中にいるときによく「クゥーン」と鳴いています。 「クゥーン …

においをかぐ行為

犬は、家の中でも外でもクンクンと地面のにおいをかぎまわる行動をしますよね。 あれ …

年齢別の世話&しつけ

犬の成長は本当に早いです。 家族に迎い入れた大切な柴犬がシニア犬まで元気に過ごせ …

お留守番

飼い主さんが共働きだったりすると、犬は長時間の留守番に慣れなくてはいけません。 …