*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

愛犬の病気を早期発見するために

      2018/08/07

taro shiba, zoomed in.

もし、愛犬が病気にかかってしまったとしても早期発見であれば治療ができたり、進行を食い止めることができます。

早期発見をするためには、日頃から愛犬の様子を観察しておくことが大切です。

ここでは、愛犬の病気を早期発見するために、日常的な健康チェックなどについてお話したいと思います。

 

健康時の状態を把握しておく

まずは、愛犬の健康時の状態を把握しておきましょう。

そうすることで、体調が悪そうなときに健康時の状態と比較することができます。

健康時には、次のようなことを確認しておきましょう。

 

【体温】

犬の正常体温は38~39℃です。

動物用の体温計を肛門に入れてはかりましょう。

また、耳に指を入れて熱さを確かめることもできます。

 

【心拍数】

心拍数は、1分間に70~110回であれば正常です。

脈拍は後肢の付け根でとります。

 

【トリゴロール反応】

皮膚をつまんでひねります。

このとき、皮膚がすぐに戻れば正常ですが、戻るのに時間がかかる場合は脱水しています。

 

【全身】

全身を触って、正常時の体の状態を知っておきましょう。

日常的に触っていると、しこりや皮膚の異変に気づきやすくなります。

 

<参考>

毎日の健康チェック

 

愛犬の行動から分かる体の異変

【吐く】

犬が吐くことは珍しいことではないのですが、吐く回数が多かったり、具合悪そうにしている場合は動物病院に連れて行くようにしましょう。

胃捻転など、急を要する病気の可能性もあるので注意が必要です。

 

【咳・クシャミ】

咳やクシャミを繰り返している場合は、喉や気管が炎症しているかもしれません。

 

【発作・けいれん】

発作やけいれんを起こしたら、脳と神経系の病気を疑わなければなりません。

 

【歩き方がおかしい】

歩き方がいつもと違う場合は、関節や脊髄障害が疑われます。

 

【かゆがっている】

常にかゆがっているときは、ノミ・ダニの寄生が原因の可能性があります。

 

 - スキンシップ, 健康管理

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

トイレシーツを大量に食べてしまうと命にかかわることもある

  我が家の柴犬は、お留守番中などにトイレシーツをビリビリに嚙みちぎっ …

柴犬が日常的に気をつけたい病気

柴犬は、繁殖が上手く行われていますし、日本での生活が体質に適していることから犬種 …

“ハウス無し”で育った犬は分離不安症になりやすい?

ハウスのないワンちゃんが、皆「分離不安症」になるかと言ったらそうではありません。 …

抱っこ、なでる、ほめる、叱る

猫は、なでたりすると落ち着くようですが、犬は触れられるのがあまり好きではないよう …

犬の中毒について

身の回りには、人間には害がなくても犬にとっては有害なものが存在します。 犬が口に …

動物病院でできる予防

動物病院に行って、ワクチン接種や予防薬をお願いしましょう。 犬の健康のために、飼 …

犬の名前を呼ぶ

犬が首をかしげて、飼い主さんに視線を送ってくることはありませんか? 首をかしげて …

犬が舌を出す理由

犬は、舌をベロンと出していることがありますよね。 今回は、犬が舌を出すのはどんな …

動物病院を選ぶときのポイント

動物病院は、できるだけ自宅から近くて評判のいいところに通いたいというのが飼い主さ …

自分の体をなめ続けるのはナゼ?

皆さんの愛犬は、自分の体をペロペロとなめていることはありませんか? 犬が自分の体 …