*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

シニア犬の飼い主として注意すること

      2018/08/07

じぃぃ

シニア犬になると、足腰が弱くなったり反応も鈍くなるので若い頃のように動けなくなります。

寂しいですが、老いは避けることができません。

愛犬がシニアになったら、生活もそれに見合うように変えていきましょう。

 

足腰の負担を軽減する

やはり、シニア犬になると足腰が弱くなるのであまり動かなくなります。

その場合は、トイレとハウスの距離を近くするなど、移動距離をなるべく短くしてあげましょう。

 

また、階段などの急な上り下りは足腰に負担がかかり、柴犬には良くありません。

抱っこするか、後ろから介助するようにしましょう。

足腰の負担を軽減することで、アンチエイジングにつながります。

 

かまってあげる

シニア犬になると、足腰が弱くなるだけでなく、周りのことへの関心も薄れていきます。

飼い主さんは、できる限り愛犬にかまってあげるようにしましょう。

 

若い頃のように毎日外へ行けるわけではないので、家の中でスローペースで遊んであげましょう。

また、ブラッシングなどを通して触れ合うことも大切です。

 

体調のいい日は外に出かける

シニア犬になると寝ている時間が増えますが、体調が悪くて寝ているのか、単に高齢が原因で周りに興味が持てないから寝ているのか見極めましょう。

もし、体調が悪くないのであれば寝てばかりいるのは良くありません。

 

動けなくなったからといって寝てばかりいては、ますます老けこんでしまいます。

若さを保つためにも、体調のいい日はカートなどに愛犬を乗せて外に出かけてみましょう。

 

 - スキンシップ, 健康管理

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

子犬の抱っこの仕方

子犬の場合、病院やプレお散歩の際など、飼い主さんが抱っこをする場面が多々あります …

この果物は犬が食べても平気?~少量なら与えてもOKな果物編~

  我が家で飼っている柴犬は、飼い主が食事をしているテーブルの下で“お …

栄養バランス

愛犬には、健康で長生きしてもらいたいですよね。 そのためには、犬にとってバランス …

ドッグフードとおやつ

犬の健康に関わってくるドッグフードやおやつ。 どんなものを選べばよいのでしょうか …

アイコンタクト、ハンドリング、グルーミング

ここでは、子犬との信頼関係を築くためにとても大切な、アイコンタクト、ハンドリング …

犬がアイコンタクトをとるとき

愛犬とアイコンタクトをとっていますか? アイコンタクトは、しつけをする上でとても …

犬のストレスを見極める方法

  実は、犬は人間が思っている以上にストレスを抱え込みやすい生き物です …

犬の中毒について

身の回りには、人間には害がなくても犬にとっては有害なものが存在します。 犬が口に …

手作りごはん

ドッグフードのように栄養バランス優れているご飯を作るのは結構難しいことですが、誕 …

柴犬は部分的なトリミングでOK

柴犬は短毛種のため、全身の毛をカットするトリミングはしなくてOKです。 ただ、足 …