*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

シニア犬の飼い主として注意すること

      2018/08/07

じぃぃ

シニア犬になると、足腰が弱くなったり反応も鈍くなるので若い頃のように動けなくなります。

寂しいですが、老いは避けることができません。

愛犬がシニアになったら、生活もそれに見合うように変えていきましょう。

 

足腰の負担を軽減する

やはり、シニア犬になると足腰が弱くなるのであまり動かなくなります。

その場合は、トイレとハウスの距離を近くするなど、移動距離をなるべく短くしてあげましょう。

 

また、階段などの急な上り下りは足腰に負担がかかり、柴犬には良くありません。

抱っこするか、後ろから介助するようにしましょう。

足腰の負担を軽減することで、アンチエイジングにつながります。

 

かまってあげる

シニア犬になると、足腰が弱くなるだけでなく、周りのことへの関心も薄れていきます。

飼い主さんは、できる限り愛犬にかまってあげるようにしましょう。

 

若い頃のように毎日外へ行けるわけではないので、家の中でスローペースで遊んであげましょう。

また、ブラッシングなどを通して触れ合うことも大切です。

 

体調のいい日は外に出かける

シニア犬になると寝ている時間が増えますが、体調が悪くて寝ているのか、単に高齢が原因で周りに興味が持てないから寝ているのか見極めましょう。

もし、体調が悪くないのであれば寝てばかりいるのは良くありません。

 

動けなくなったからといって寝てばかりいては、ますます老けこんでしまいます。

若さを保つためにも、体調のいい日はカートなどに愛犬を乗せて外に出かけてみましょう。

 

 - スキンシップ, 健康管理

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

犬の名前を呼ぶ

犬が首をかしげて、飼い主さんに視線を送ってくることはありませんか? 首をかしげて …

動物病院での検査

何かしらの症状を抱えて動物病院に行くと、まずは検査を受けることが多いでしょう。 …

トイレシーツを大量に食べてしまうと命にかかわることもある

  我が家の柴犬は、お留守番中などにトイレシーツをビリビリに嚙みちぎっ …

柴犬は部分的なトリミングでOK

柴犬は短毛種のため、全身の毛をカットするトリミングはしなくてOKです。 ただ、足 …

アイコンタクト、ハンドリング、グルーミング

ここでは、子犬との信頼関係を築くためにとても大切な、アイコンタクト、ハンドリング …

犬から信頼される飼い主になるために

家族の中で、旦那様の言うことは聞くけど奥様の言うことは聞かないということはありま …

柴犬のシャンプーをするときのコツ

外遊びが大好きな柴犬。 体を清潔に保つために、月1~2回を目安にシャンプーしまし …

抱っこ、なでる、ほめる、叱る

猫は、なでたりすると落ち着くようですが、犬は触れられるのがあまり好きではないよう …

この果物は犬が食べても平気?~犬が食べると害のある果物編~

果物好きの柴犬は多いことでしょう。 しかし、果物によっては犬が食べると体に害のあ …

ワクチンで予防できる犬の病気

ワクチンは、病原性を弱めた病原体(病原性をなくした病原体)をわざと接種して免疫を …