*

柴犬との幸せな生活の始め方 〜 略称:はじしば

柴犬を飽きさせないおもちゃ選び&遊び方

      2018/08/07

shibainu

愛犬と遊ぶときに欠かせないのがおもちゃですよね。

柴犬の多くはおもちゃが大好きですが、それと同時に飽きっぽい子が多いのも柴犬の特徴です。

今回は、柴犬を飽きさせない遊び方やおもちゃ選びについてお話したいと思います。

 

おもちゃを選ぶときのポイント

ペットショップなどに行くと、おもちゃが豊富でどれを選んでいいか迷ってしまうことがあるのではないでしょうか。

おもちゃを選ぶときは、次のようなポイントを押さえておくと買いやすいです。

 

【用途別に選ぶ】

おもちゃは、お留守番のとき用と、飼い主さんと一緒に遊ぶ用に分けられます。

お留守番のときは、頑丈で安全なおもちゃを与えましょう。

すぐに壊れてしまいそうなおもちゃは、誤飲の恐れがあるので避けるようにしてください。

ただ、犬はすぐに壊れてしまいそうなおもちゃを好む傾向があるようです。

ですので、そのようなおもちゃは飼い主さんと一緒に遊ぶ用にするとよいでしょう。

 

【年齢に合ったおもちゃを選ぶ】

我が家の柴犬は生後6か月を過ぎたころから、今まで遊んでいたおもちゃに対する興味が薄れてきたように感じます。

このように、年齢を重ねるとおもちゃに反応しなくなることがあるそうです。

そんなときは、知育玩具に切り替えてあげるとよいでしょう。

 

【体型に合ったおもちゃを選ぶ】

おもちゃによっては、「小型犬用」「大型犬用」などと表示されていますので、体型に合わせておもちゃを選んであげましょう。

ただ、体型に合っていても、ぬいぐるみのような柔らかいおもちゃは、特に力の強い子はすぐに壊して誤飲を招くことがあるので、与えるときは気をつけましょう。

 

<参考記事>

おもちゃ遊び

柴犬との遊び方

冒頭でもお話したとおり柴犬は飽きっぽい子が多いそうなので、飼い主さんは工夫をしてなるべく一緒に遊んであげてください。

しつけも兼ねて、次のような遊びをしてみましょう。

 

【引っ張りっこ】

引っ張りっこは犬が大好きな遊びです。

おもちゃを引っ張って一緒に遊んであげましょう。

ただ、柴犬は特に噛む力が強いので、飼い主さんが「ダシテ」や「ちょうだい」などと言ったら、おもちゃを口から出すようにしつけてください。

<参考記事>

くわえているものを無理やり奪うのはNG?

 

【追いかけっこ】

飼い主さんがおもちゃを持って、犬に追わせましょう。

犬がおもちゃを保持して飼い主さんが追いかけるのでもいいのですが、そればかりしていると「追いかけて」の要求が強くなってくるので、なるべく飼い主さんがおもちゃを保持した追いかけっこがいいでしょう。

 

【投げたおもちゃを飼い主の元へ持ってくる】

投げたおもちゃを取りに行かせたら、必ず飼い主の元へ持ってくるようにしつけましょう。

最初は、ボールを投げても追いかけて行ったはいいがボールを置いてきてしまったり、持ってこれたとしても飼い主に渡さないで独り占めしようとすることがあります。

そのようなときは、リードで犬の動きをコントロールしたり、「ダシテ」の練習をしましょう。

 

 - しつけ, スキンシップ

アドセンス336

アドセンス336

  関連記事

“ハウス無し”で育った犬は分離不安症になりやすい?

ハウスのないワンちゃんが、皆「分離不安症」になるかと言ったらそうではありません。 …

ご飯の時間が近くなると「オスワリ」をする犬・・・それは要求行動のひとつ?

ご飯の時間やお散歩の時間が近づいてくると、いきなり「オスワリ」をし出すことはあり …

くわえているものを無理やり奪うのはNG?

成長するにつれて、くわえたものを放してくれなくなる犬がいます。(まさにうちの犬が …

トイレのしつけはできているのに、トイレ以外の場所でおしっこをしてしまう

我が家の柴犬は、現在、生後6か月です。 排泄の際、自らトイレに行くことはできるの …

柴犬の換毛期

現在、換毛期真っ只中ではないでしょうか? 我が家の柴犬も5月の中旬頃から春の換毛 …

子犬の抱っこの仕方

子犬の場合、病院やプレお散歩の際など、飼い主さんが抱っこをする場面が多々あります …

飛びつきぐせのトレーニング

飼い主さんが立っているとき、犬が飼い主さんの足にジャンプして飛びついてくることは …

おもちゃ遊び

おもちゃ遊びは、犬と飼い主の信頼関係を深めたり、しつけや犬のストレス発散などに効 …

トイレトレーニング

  トイレトレーニングには様々な方法があると思いますが、ここでは我が家 …

「叱る」と「怒る」は違う

「叱る」と「怒る」は一見同じことのように思えますが、だいぶ違います。 犬が思うよ …